HOME > コラム > 冷凍食品で優良なOEMメーカーを見極めるポイントとは

関連のコラム

小規模事業者持続化補助金でOEMで食品開発!活用法と申請手順を解説

食品開発・製造をOEM委託して行う場合にも、小規模事業者は補助金を受け…

缶詰製品のOEMを検討する -常備食、おつまみ、防災製品を小ロット開発-

缶詰製品のOEM検討する際に押さえておきたいポイントやOEMメーカーを…

食品の一次加工の委託先を選ぶ際に確認するポイント5点

食品の一次加工品の開発製造を考えている場合、加工品にはどのような種類が…

お酒のOEMで父の日ギフトセットを作ろう!成功事例もご紹介

今回は、お酒のOEMで父の日ギフトセットを作るポイントや成功事例をご紹…

惣菜OEM開発で個食市場を開拓!製造のポイントは?

惣菜OEMの開発・製造をご検討している方に向け、その製造のポイントをご…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

冷凍食品で優良なOEMメーカーを見極めるポイントとは

冷凍食品

Date: 2021.05.13

昨今の中食・宅食市場の拡大に伴い、おうちで手軽に保管・調理できる製品が人気を集めています。
なかでも冷凍食品は扱いの手軽さからOEM生産をご検討される企業様、飲食店様も多いのではないでしょうか。
肉や魚、お惣菜は言うまでもなく、ケーキやプリンなどの生菓子類、人気ラーメン店のスープも最近では見かけることがあります。
自社でオリジナルの冷凍食品を企画して製造・販売したいというときには、自社で製造するか、OEM製造するかといった選択肢に分かれます。OEM製造を選ぶ場合には、冷凍食品に強く、優良なOEMメーカーを見極めたいものです。
そこで今回は、冷凍食品製造をOEMに依頼するメリットや、優良な冷凍食品OEMメーカーを見極めるポイントを解説します。

冷凍食品製造をOEMに依頼するメリット

冷凍食品の企画・開発を自社で行い、製造はOEMメーカーに依頼するという場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。主なものをご紹介します。

●設備投資なしでオリジナルの冷凍食品を製造できる
オリジナルの冷凍食品を作りたい場合に、自社で工場や製造ノウハウを持っていないときには、設備投資から始める必要があります。一方、OEMメーカーに委託する場合には、製造に関する設備投資が不要となります。そのため、コストを抑えて製造できるといえます。

●在庫リスクを回避できる
自社で独自に製造する場合には、できるだけ多くの数量を一度に製造をしたほうがコスト的にもメリットがあります。そのため、大量生産をするのが一般的ですが、万が一、売れなかった場合に、多く作った分だけ在庫リスクを抱えることになってしまいます。その点、小ロットから依頼可能なOEMメーカーであれば、少量から製造できるため、在庫リスクを回避できます。

●少量から始められる
上記と同様の理由から、自社工場で製造するよりも、OEMに依頼したほうが少量から始めることができます。テスト的に開発したい場合などにおすすめです。

●マーケティング・販促活動に専念できる
OEMを利用すれば製造を行わなくてよいため、その分、企画・開発はもちろんのこと、製造後もマーケティングや販促活動に専念できます。それだけ売上を向上させることができるでしょう。

冷凍食品製造で優良なOEMメーカーを見極めるポイント

上記のように、冷凍食品製造をOEMメーカーに依頼することはメリットが多くあります。もし依頼する場合には、ぜひ優良なOEMメーカーを見極めたいものです。そこで選定ポイントをご紹介します。

●冷凍食品製造の経験と実績が豊富か
冷凍食品製造の経験と実績が豊富なOEMメーカーを選びましょう。冷凍食品は、冷凍食品ならではの製造技術が必要になります。そのため、冷凍食品専門のOEMメーカーであれば、より安心できます。

●製造設備が充実しているか
急速冷凍など、冷凍食品の製造・加工にはさまざまな技術と設備が必要になります。冷凍食品に特化した設備を備えているかどうかも重要な選定ポイントといえます。

●小ロットから対応可能か
スモールスタートで始めたいというケースも多いでしょう。そのようなときに、小ロットからの製造に対応しているかどうかも重要な見極めポイントです。OEMメーカーにとって小ロット製造を実現するには、たゆまぬ企業努力が必要となるため、お客様のためにそうした努力を重ねる精神を持つOEMメーカーを選びたいものです。

●GMP、ISO、HACCPなどを通して衛生管理が徹底しているか
製造工程において、異物混入防止や細菌検査など、安心・安全の品質保証体制が敷かれているかどうかは、冷凍食品OEMメーカーを選ぶ重要な基準となります。OEMメーカーの中には、工場内にある清潔なクリーンルームの見学をさせてくれるところもあります。積極的に出向いて見学をするなどすれば、工場作業員がどのような衛生管理をしているのかを目の当たりにすることもできるでしょう。

まとめ

冷凍食品をOEM製造するメリットやOEMメーカーの選定ポイントをご紹介してきました。もしOEM製造にメリットを感じている場合には、ぜひ今回ご紹介したポイントを押さえて、優良なOEMメーカーを見つけてください。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

小規模事業者持続化補助金でOEMで食品開発!活用法と申請手順を解説

食品開発・製造をOEM委託して行う場合にも、小規模事業者は補助金を受けられる可能性があります。そこで今回は、小規模事業者持続化補助金の活用法と申請手順を解説します。

缶詰製品のOEMを検討する -常備食、おつまみ、防災製品を小ロット開発-

缶詰製品のOEM検討する際に押さえておきたいポイントやOEMメーカーを選ぶポイントをご紹介します。

食品の一次加工の委託先を選ぶ際に確認するポイント5点

食品の一次加工品の開発製造を考えている場合、加工品にはどのような種類があるのか、また、一次加工品ならではの開発製造のポイントを押さえておくと、スムーズに進むでしょう。

お酒のOEMで父の日ギフトセットを作ろう!成功事例もご紹介

今回は、お酒のOEMで父の日ギフトセットを作るポイントや成功事例をご紹介します。

惣菜OEM開発で個食市場を開拓!製造のポイントは?

惣菜OEMの開発・製造をご検討している方に向け、その製造のポイントをご紹介します。

小袋充填の調味料製造を委託する際に確認したい5つのポイント

今回は、小袋充填の調味料製造を委託する際に確認したいポイントをご紹介します。