HOME > コラム > アイス・氷菓のOEM製造の前にチェックしておきたい4つのポイント

関連のコラム

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介しま…

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、そ…

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイ…

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや…

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラー…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

アイス・氷菓のOEM製造の前にチェックしておきたい4つのポイント

氷菓・アイス

Date: 2022.02.01

アイス・氷菓の開発し、製造をOEMメーカーに委託するのを検討している場合には、ぜひチェックしておきたいことがあります。今回は、アイス・氷菓商品のトレンドから製造の流れ、そしてアイス・氷菓のOEM製造の前にチェックしておきたい4つのポイントまでご紹介します。

アイス・氷菓商品のトレンド

最近は、アイス・氷菓商品が特に人気を集めているようです。最近のトレンドを見ていきましょう。

1.イエナカ需要でファミリーアイスが人気
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、ステイホームが呼びかけられたことで、家の中で楽しめるものに需要が高まる「イエナカ」需要の一つとして、アイス市場も活性化したといわれます。2021年夏場は猛暑となったため、アイスの売れ行きも好調で、特に家族で食べられる大容量、もしくは一つ一つが小さいファミリー向け商品が人気となりました。例えば、パイント形態のアイスクリームを自分たちでよそってアレンジして食べるといったシーンが増えたほか、バーサイズのちょっとしたおやつにつまめる形状も人気となりました。

2.プレミアムアイスへの「日々のご褒美」ニーズが高まり、全体で堅調
近年、「自分へのご褒美」としてのプレミアム感のあるアイスが人気ですが、これについても、コロナ禍では堅調に推移しているようです。

3.ヘルシーアイスも人気
一方で、ステイホームは「コロナ太り」も引き起こすことや、コロナ禍による体調管理のニーズを背景に、糖質カットや高タンパク質といったヘルシーアイスの需要も高まっているといわれています。

アイス・氷菓商品の開発を行う際には、コロナ禍における人々のニーズや利用シーンを考えて検討するのがいいと考えられます。

アイス・氷菓を開発・製造する流れ

もしアイス・氷菓を開発・製造するときにOEMに委託すると、工場では一般的に次のような流れで製造されます。

1.混合
2.殺菌・冷却
3.熟成
4.フリージング
5.充填
6.箱詰・検査
7.出荷

まずは原料を混ぜる工程です。タンクで混合して溶解し、均一化を行います。混合されたものは、殺菌・冷却され、熟成へと進みます。フリーザーでアイス特有のなめらかな形状に加工します。そしてできあがったものを充填します。カップアイスやバーアイスなど、充填容器や形状は異なりますので、必要に応じて充填していきます。充填後は、箱詰めや検査を終え、出荷されます。

アイス・氷菓をOEMに委託製造するときの4つのポイント

アイス・氷菓を開発製造するには、OEMを利用するのが便利でしょう。そこでOEMメーカーを選定し、委託製造するときのポイントをご紹介します。

1.アイス商品の形状・食感・フレーバーを決めておく
アイス・氷菓は、まずどのような商品を作りたいのかを決めることが必要ですが、特にバーアイスなのかカップアイスなのか、また最中アイスなのかなどの形状のほか、食感はどうするのか、またフレーバーやフルーツなどの材料を決めておくことが欠かせません。何を作るのかによって、それが得意なOEMメーカーを選ぶことで理想の製造ができるからです。

2.企画やレシピから提案してもらう
OEMメーカーによっては、これまでの実績を生かし、商品企画やレシピから開発にかかわってくれるところもあります。企画提案から製造までトータルで請け負っているOEMメーカーもありますので、必要に応じて選択しましょう。

3.試作を繰り返し、妥協しない
アイス・氷菓に限らず食品は、試食してみないとわかりません。見た目、味、食感、溶けやすさなど、あらゆることをチェックするために試作を重ね、妥協しないことで、理想の商品ができあがるでしょう。

4.小ロットから始める
はじめは小ロットから始めてみるのもいいでしょう。小ロット対応しているOEMメーカーは多くあります。製造したい商品が少量・多品種なのか、また少量・少品種なのかによってもOEM選定は変わってきます。

まとめ

コロナ禍でアイスの需要は高まっているといわれています。今、まさにアイス・氷菓商品を製造するチャンスといえます。ぜひ優良なOEMメーカーを選定して、理想の商品やヒット商品を生み出しましょう。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介します。

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、それぞれの違いや特性をよく理解しておくとスムーズです。また、開発・製造に必要な知識や注意点、OEMメーカーを選ぶポイントもぜひ押さえておきましょう。

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイントを押さえて実施しましょう。

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや成功ポイントをご紹介します。

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラーメン製品の開発の際に考えておきたいことがあります。競合他社の製品に勝ち抜くための工夫やポイント、OEMメーカーの選定ポイントをご紹介します。

ふりかけのOEM開発をするときに検討するポイント徹底解説

ふりかけの新規開発を考えているという場合、トレンドを押さえて実施したいものです。また、OEMに委託して製造販売する場合に検討したいポイントやOEM選定基準も合わせて知って起きたいものです。今回は、それらの役立つ情報をご紹介します。