HOME > コラム > 今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

関連のコラム

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介しま…

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、そ…

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイ…

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや…

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラー…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

飲料

Date: 2022.05.06

近年、RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料という言葉をよく目や耳にすることが多くなりました。酒類業界用語の一つですが、これから開発して販売したいという方は、ぜひ知っておきたいことがあります。
今回は、RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介します。

RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?

RTD飲料とは、「Ready To Drink」の頭文字を取ったもので、「ふたを開けるだけで、そのまま飲めるアルコール飲料」のことを指します。
従来の缶ビールはもちろんのこと、缶入り酎ハイやカクテルなど、水や炭酸水で割る手間のない手軽に飲めるアルコール飲料のことです。

RTD市場は、2000年に入ってから順調に伸長しており、ある大手ビールメーカーの推計によれば、RTD市場は1997年時点では年間20万キロリットル未満だったところ、2011年には70万キロリットルとなり、3倍以上に増加したとされています。

RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料開発のコツ

RTD飲料をこれから開発したいと考えている場合、成功させるためには、ぜひ成功事例を確認するのをおすすめします。過去事例をもとに、開発のコツをご紹介します。

●女性向けカクテル飲料開発に女性を起用
ある飲料メーカーは、女性向けカクテル飲料の開発に際して、ターゲットとなる消費者像と開発者の性別・年齢を近付けました。開発者に若い女性を起用し、意見を取り入れた結果、まるでジュースのような飲み口に仕上がり、低アルコール飲料シェア1位を獲得しました。
この事例から得られるコツとしては、徹底的に消費者ニーズを深堀することにあるといえます。そしてターゲットが何を思い、何を欲しながら商品を選び、利用するか細かいところまで追うことが必要といえます。

●居酒屋の生搾りチューハイを再現
家で飲むのに適している手軽なRTD飲料ですが、居酒屋で出されるような生搾りチューハイを限りなく再現したというケースもあります。
この事例から得られるコツは、缶チューハイで手軽さが売りとはいっても、やはり「本物を飲みたい」という想いは消費者になくなったわけではありません。そうした想いをうまくとらえ、商品化に結び付けることがポイントといえます。

●ノンアルコール飲料を開発
今はノンアルコール飲料も需要が高いなか、ノンアルコール飲料なのにも関わらず、ノンアルコールだとわからない味にしたというレモンサワーの開発事例があります。健康意識の高まりや飲酒量の増加にともない、それでもアルコール飲料を楽しみたい需要に対応し、ヒットを生みました。
この事例から得られるコツとして、逆転の発想ということが言えるでしょう。RTD飲料はアルコール飲料でありながらも、ノンアルコールにしたということは、入念な市場ニーズの調査と発想の大きな転換が必要となります。

RTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料OEM選定時に押さえておきたいポイント

RTD飲料を開発し、OEM製造する際にはOEMメーカーを適切に選定するのをおすすめします。そのポイントをご紹介します。

・開発企画の可否
競争の激しいRTD飲料は、開発企画力が重要です。OEMの中には開発企画から対応可能なメーカーもあります。そうしたメーカーであれば、その製造の現場経験から、できることとできないことの意見をもらうなどして開発を進められます。

・小ロット対応の可否
発注する商品の数が、少数でも対応しているかどうかは重要な選定基準です。良心的な価格であれば依頼しやすいでしょう。

・品質・衛生に関する取組が充実している
ISO認証の取得や衛生検査、官能検査など飲料製造の現場では欠かせない品質・衛生に関する取組が充実しているところは信頼できます。

まとめ

RTD飲料は、近年需要が高まっていることから、開発を考えている事業者は多いのではないでしょうか。ぜひ今回ご紹介した事例やOEMメーカー選定ポイントを押さえて実施しましょう。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、それぞれの違いや特性をよく理解しておくとスムーズです。また、開発・製造に必要な知識や注意点、OEMメーカーを選ぶポイントもぜひ押さえておきましょう。

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイントを押さえて実施しましょう。

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや成功ポイントをご紹介します。

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラーメン製品の開発の際に考えておきたいことがあります。競合他社の製品に勝ち抜くための工夫やポイント、OEMメーカーの選定ポイントをご紹介します。

ふりかけのOEM開発をするときに検討するポイント徹底解説

ふりかけの新規開発を考えているという場合、トレンドを押さえて実施したいものです。また、OEMに委託して製造販売する場合に検討したいポイントやOEM選定基準も合わせて知って起きたいものです。今回は、それらの役立つ情報をご紹介します。

新規でOEM・委託製造契約を結ぶ際の注意点を解説

OEMには多様なメリットがある一方で、注意すべき事柄も多くあり、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。ぜひあらかじめ確認してから契約に臨むのをおすすめします。