HOME > コラム > 離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

関連のコラム

OEMのパッケージ選びのポイント!素材選びからデザインまで

今回は、OEMのパッケージの重要性や素材やデザイン素材選びのポイント、…

冷凍ピザのOEMで押さえておくべきポイント4選

今回は、冷凍ピザのOEM開発で押さえておくべきポイントを4つと、優良な…

クラフトビールOEMで個性を出す4つのポイント

ビール類のOEM開発を検討している方は、近年のトレンドを踏まえて、ぜひ…

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEM…

クッキーOEMで気を付ける3つのポイント

焼菓子のクッキーを、OEMに委託して開発・製造することを考える場合、ぜ…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

その他

Date: 2022.10.03

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増えています。美味しさや種類数も向上している中、いかに優れた離乳食・ベビーフードを開発するかが求められています。人気の状況と共に、OEM開発を検討したい理由、優れたOEMメーカーの選び方をご紹介します。

人気の離乳食・ベビーフードとは?

近年、人気の離乳食とベビーフードの特徴を見ていきましょう。

●すぐに食べられる
離乳食は、従来、手間をかけて手作りをするのが一般的でしたが、今は働く女性も増え、ライフスタイルも多様に進化しています。こうした状況を受け、市販の離乳食は非常に簡便化され、パウチ袋を開けるだけ、お湯で溶くだけで簡単に使える粉末タイプ、フリーズドライなど、手間なくすぐに食べられるものが増えています。

●おでかけ時にも使える
離乳食やベビーフードは、お出かけ時にも手軽に食べさせられるものも出てきています。例えばカップに入ったタイプで容器はそのまま食器として使えるものや、スプーン付きなどがその例です。

●幅広いラインアップ
離乳食といえばペースト状がイメージされますが、近年は、子ども向けに作られたパスタ、おかず、スープなど種類の幅も増えています。飽きずに毎日美味しく楽しく食事ができるようになっています。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

離乳食やベビーフードを新規開発し、OEMで製造して販売することを検討している場合も多いでしょう。そのような中、OEMを検討することは良き選択といえます。そのメリットと理由をご紹介します。

●ベビーフード市場の伸長
日本では近年、出生率は減少しているものの、ベビーフード市場は堅調な伸びを示しています。働く女性が増え、活用が進んだことで、離乳食づくりになかなか時間をかけられなくなってきていることが背景にあるといわれています。

●安心安全の良質な離乳食が求められている
子どもの健康に対する意識は向上しており、より安心安全の志向が増しています。そうした中、よりニーズに合う市場にまだない商品開発の余地があり、新規参入のチャンスでもあります。

●設備や資格が不要
OEMなら、製造設備や資格を持っていなくても、製造が可能です。開発・販売だけを自社で行うことで、コストや時間をかけずに製造を行えるのは大きなメリットです。

離乳食・ベビーフードのOEMメーカーの選び方

OEMに製造を委託して離乳食・ベビーフードを開発する際には、ぜひ優れたOEMメーカーを選定するのをおすすめします。ここでは優良なOEMメーカーを選ぶポイントをご紹介します。

●衛生面がしっかりしているか
離乳食・ベビーフードに限らず、食品製造では、特に気を付けなければならないのが、衛生面です。そのため、OEMメーカーの食品工場の衛生管理体制は十分に確認すべきです。法規・法令・規制等を遵守し、食品衛生管理に努めているかは重要なポイントです。

●小ロット対応しているか
OEMメーカーが対応できる最小ロット数は、ぜひ確認しておきたいところです。少数から製造を始めて、まずはテストマーケティングを実施することも多いでしょう。優良なOEMメーカーは、企業努力で小ロットでも価格を抑えて提供しているものです。

●良質な安心安全の原材料の手配ができるか
離乳食・ベビーフードのトレンドとしても、安心・安全の原材料を使用することは欠かせません。長年、離乳食・ベビーフードを製造しているOEMメーカーであれば、最適な原材料の入手元を知っていることが多いでしょう。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

離乳食・ベビーフードは、近年、市場が伸長しているほか、より簡便かつ安心・安全なものが求められています。近年のニーズに応える離乳食・ベビーフードを開発し、OEMを利用して製造販売することは今がチャンスといえます。ぜひ優良なOEMメーカーを見つけて実施しましょう。

関連記事

OEMのパッケージ選びのポイント!素材選びからデザインまで

今回は、OEMのパッケージの重要性や素材やデザイン素材選びのポイント、OEMパッケージ印刷・製造を依頼する際に検討したいおすすめサービスをご紹介します。

冷凍ピザのOEMで押さえておくべきポイント4選

今回は、冷凍ピザのOEM開発で押さえておくべきポイントを4つと、優良な冷凍ピザOEMメーカーの特徴をご紹介します。

クラフトビールOEMで個性を出す4つのポイント

ビール類のOEM開発を検討している方は、近年のトレンドを踏まえて、ぜひクラフトビールに取り組んでみてはいかがでしょうか。

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEMのポイントをご紹介します。

クッキーOEMで気を付ける3つのポイント

焼菓子のクッキーを、OEMに委託して開発・製造することを考える場合、ぜひ市場トレンドを把握しておきたいものです。さらに、クッキーのOEM製造を行う場合に、ぜひ気を付けるポイントを押さえましょう。クッキーOEM選定のポイントもあわせてご紹介します。

国産ワインブーム到来!ワインOEMの3つのポイント

今回は、ワイン開発からOEM製造において知っておきたいポイントと共に、ワインOEMの選び方についてご紹介します。