HOME > コラム > 缶詰をOEMで作る4つのポイント

関連のコラム

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採…

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します…

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介しま…

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

缶詰をOEMで作る4つのポイント

その他

Date: 2024.05.01

食品OEMまるごとおまかせサービス

缶詰は容器としてさまざまな特性を持つことから、食品包装としては非常に優れています。そんな中でも、缶詰の商品をOEMで製造する予定の方もいるのではないでしょうか。
今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介します。

缶詰商品の特徴

缶詰の商品としての特徴をご紹介します。

●缶詰とは?
缶詰は、基本的に食品を缶に詰めて密封した後で加熱殺菌を施し、長期に渡って保存できるようにした食品です。加熱殺菌をすることで、商品の腐敗の元となる微生物を殺菌します。

一般的にレトルト釜と呼ばれる高圧釜で、120℃以上で4分間以上、高温高圧殺菌を行って製造します。

●缶詰商品の特徴
缶詰商品の特徴を確認していきましょう。

・安全・衛生的
缶詰は空気や水、細菌が絶対に入らない容器を密封した後で加熱殺菌を施してあることから、安全で衛生的といえます。また殺菌料や保存料は使用せず安全性と衛生性が実現できる利点があります。

・常温で流通できる
缶詰は常温で流通できる特徴があります。それは完全に密封されている上に、加熱殺菌されていることに起因します。
常温で流通できることは腐敗の恐れがなくロスが少ない点や、冷蔵・冷凍の光熱費もかからない点など多様なメリットがあります。

・長期保存可能
缶詰は備蓄食によく使われているように、保存性に優れており、常温で長期に渡って保存できます。

このように、缶詰は他の食品とは異なる特殊な加工を施すことで、優れた機能を持つ食品といえます。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

缶詰の開発例

工夫を凝らして開発した缶詰の事例をご紹介します。

●おでん缶を新たに開発した事例
ある事業者は、新たな面白い缶詰商品を開発する機会があった際に、おでん缶を開発しました。しかし一般的な自動販売機では販売することができず、流通先を検討していたところ、独身寮や工場に設置する自動販売機を販売先として確保できました。
売れ行きもよく、変わった缶詰とターゲットとがマッチングしたことで成功につながりました。

●高級ホテルのレストランのビーフシチューを再現した缶詰の事例
ある高級ホテルは、併設のレストランで提供しているビーフシチューを缶詰商品にしました。レストランの厨房でつくるのとまったく同じにはいかず、本来、肉とルウを合わせて煮込むところを別々に煮込むなどして工夫した結果、お店の味を再現することができました。

●サバのオリーブ油漬け缶の事例
鯖を煮込んで缶詰にすることは広く行われていますが、ある事業者は、オリーブオイルで漬けて洋風の味付けの鯖の缶詰を作りました。
このとき、まるで海外ブランドのような現代風の、目を引くパッケージデザインを作り、他の鯖缶と差別化を図ることができました。

缶詰のOEMを成功させるポイント4つ

缶詰のOEMを成功させるポイントを見ていきましょう。

●加熱殺菌時に崩れたり溶けてしまう可能性がある食材を見極める
食材の中には、缶詰の加熱殺菌時に崩れたり溶けたりしてしまう食材があります。例えば、うどんやラーメンなどの小麦粉製品や葉物野菜などやわらかいものが該当します。このような食材をあらかじめ押さえておきましょう。

●OEMメーカーの対応範囲を見極める
OEMメーカーの中には、調理後の料理を缶への充填のみ対応しているところもあれば、調理から、もしくはレシピ開発から対応しているところもあり、メーカーによって対応範囲が異なります。自社が対応してほしい範囲を見極めましょう。

●OEMメーカー選びの際には小ロット製造も可能か確認する
缶詰商品を初めて開発し、製造する際には、スモールスタートで始めることも多いでしょう。その場合には、OEMメーカーが小ロットに対応しているかを確認しましょう。小ロットは製造コストがかかるため、高額になることがあります。できるだけ良心的な価格設定のところを選ぶと良いでしょう。

●パッケージデザインにも力を入れる
缶詰商品は、パッケージによっても売れ行きは大きく変わっていきます。なぜなら、缶詰は中身が見えないため、想像しづらいからです。中身の写真をパッケージに効果的に施すなど、パッケージデザインに注力することで、缶詰商品の価値が上がります。ぜひこだわって制作しましょう。
もしパッケージ制作に自信がない場合には、パッケージ制作の専門事業者に相談してみるのも一案です。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

缶詰商品のOEM開発に役立つ知識をご紹介しました。ぜひこの機会に、事例やポイントを押さえて、売れる缶詰を追求してください。

丸信では「食品OEMまるごとおまかせサービス」として、作りたいものをお伝えいただくだけで、OEMメーカーの選定から、試作、パッケージ制作まで一通りのサービスをご提供しています。特にパッケージに関しては、長年の実績を持つデザイナーが在籍しており、魅力的な缶詰デザインをご提案・制作いたします。ぜひお気軽にご相談ください。




お客様の思いをカタチにする
パッケージメーカー

丸信は包装資材事業を柱に、お客様の課題解決につながるさまざまなサービスやソリューションをワンストップでお応えする、トータルパッケージカンパニーです。
OEM製造が決まったら、気になることは売り場での訴求方法です。丸信ではOEMマッチングのご支援だけでなく、パッケージ製造企業として、お客様の製品をより魅力的に見せるパッケージをご提案いたします。

コーポレートサイト

丸信のパッケージ製作サービス

オーダーメイド専門店紙箱化粧箱.net

「化粧箱を作りたい」
「こんな紙箱を探している」
ご要望をカタチにいたします!

オリジナルのラベル・シール作成ならラベル印刷シール印刷.com

「袋に貼るシールを作りたい。」
商品にぴったりの、
オリジナルラベルをご提案!

関連記事

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採用した食品の例、これからOEMで商品を開発する際に知っておきたいサステナブルパッケージを取り入れるポイントをご紹介します。

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します。

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼き作りのためのOEMを選ぶポイントをお届けします。ぜひヒントにお役立てください。

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパッケージ作りのポイントをご紹介します。

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッケージ制作時の注意点をご紹介します。

クラフトチョコレートとは?OEM製造のポイントを徹底解説

近年、よく耳にするようになったクラフトチョコレートという言葉。手作り感のあるチョコレートとして愛されています。OEM開発製造をお考えの方もいるのではないでしょうか。どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。今回は、そのポイントとともに、クラフトチョコレートのOEM製造メーカー選びの要点をご紹介します。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス