HOME > コラム > OEM生産とODM生産の違いとは? それぞれのメリット・デメリットを解説

関連のコラム

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEM…

クッキーOEMで気を付ける3つのポイント

焼菓子のクッキーを、OEMに委託して開発・製造することを考える場合、ぜ…

国産ワインブーム到来!ワインOEMの3つのポイント

今回は、ワイン開発からOEM製造において知っておきたいポイントと共に、…

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹…

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでし…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

OEM生産とODM生産の違いとは? それぞれのメリット・デメリットを解説

その他

Date: 2021.03.08

食品をはじめとした製品を開発・企画・製造しようとする際に、OEM生産という方法をとる企業は多くあり、日本では一般的に広く行われています。一方で、ODM生産という製造方法をとる企業もあります。いずれも生産コスト削減のために有効な方法ではありますが、その2つの違いをご存知でしょうか。その違いとともに、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

OEM生産とは

OEM生産とは、Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略で、発注元のブランドの製品を生産すること、または生産するメーカーのことを指します。食品以外だと、よく自動車やアパレルで見られる生産方法です。

つまり発注元は、自社で企画・開発した自社ブランドの製品を、製造だけOEMメーカーに依頼します。

例えば、Apple社のiPhoneなどは、典型的なOEM生産です。自社で開発したAppleというブランドの製品を、OEM製造メーカーに委託して製造しているのです。

 
食品表示の基礎知識集

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

ダウンロードはこちら

ODM生産とは

一方で、ODM生産は、「Original Design Manufacturing」の略で、「Design」が示すように、発注元のブランドの製品を生産するだけでなく、企画・開発・設計から行い、生産すること、またはそのメーカーを指します。

つまり発注元は、製品の企画も開発も製造も行わず、すべてODMメーカーにまかせ、販売するときだけ自社のブランド名をつけて販売するということになります。

例えば、日本の携帯キャリア各社がAndroidのスマートフォンの製造を大手メーカーに依頼し、最終的に携帯キャリアのブランド名を掲げて販売しているのは、ODM生産です。

OEM生産とODM生産の違いとは

OEM生産とODM生産は、どちらも自社ブランド製品開発にあたり、生産コスト削減のために有意義な方法ではありますが、大きな違いがあります。

その違いとは、「企画・開発・設計」についても生産と共に相手先に委託するか、しないかです。

発注元にとって、自社で企画・開発・設計した製品を他社に製造してもらって売りたいという場合はOEM生産、企画・開発・設計も他社にまかせたいという場合はODM生産となります。

 
食品表示の基礎知識集

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

ダウンロードはこちら

OEM生産とODM生産のメリット・デメリット

ではOEM生産とODN生産のそれぞれについて、メリットとデメリットを見ていきましょう。

OEM生産のメリットとデメリット

OEM生産のメリットは、委託企業で工場や製造設備を自社で持ったり、整備したりすることなく生産できるため、コストを抑えられる点です。設備投資や製品製造にかかるコストを削減できた分、販売のほうに回すことができれば、委託者側は販売力を上げることができます。もし発注元企業が、製品企画や販売を得意とする企業・ブランド企業であれば、非常にメリットは大きいでしょう。

一方で、OEM生産のデメリットとしては、製造を自社で行わないため、製造技術や製造に関するノウハウが蓄積されないという点があります。また委託していたOEMメーカーがOEM製造をやめるなど、何らかの理由で委託できなくなる可能性もあります。そのような際には、同じ商品を作るのに、他のOEMメーカーに委託する必要がありますが、同一品質を保つのが困難になるケースもあります。

ODM生産のメリットとデメリット

ODM生産のメリットは、発注元が、企画・開発・設計・製造にかけるコストを抑え、自社ブランドの構築と販売に専念できる点があります。設備投資や製造コストの削減だけではなく、製品開発も依頼ができるため、ノウハウや技術力がなくても、新規事業に参入できるメリットもあります。

一方、ODM生産のデメリットは、企画から製造までのノウハウが自社に蓄積されない点や、販売価格が上がってしまう場合がある点などがあります。
また生産自体に一切、手を出していないため、品質管理はどうしてもODMメーカーに頼りきりになってしまいます。設計においても、なかなか自社ブランド商品のオリジナルの持ち味を出しづらく、他社競合と似通った製品ができてしまい差別化・ブランド構築につながらない可能性もあります。

まとめ

OEM生産とODM生産の違いを解説してきました。いずれも食品開発・製造においてコストを抑えられる方法ではありますが、それぞれにはメリットもデメリットもあります。その点をよく理解して、最も自社にマッチし、利益の上げられる方法を選択しましょう。

関連記事

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEMのポイントをご紹介します。

クッキーOEMで気を付ける3つのポイント

焼菓子のクッキーを、OEMに委託して開発・製造することを考える場合、ぜひ市場トレンドを把握しておきたいものです。さらに、クッキーのOEM製造を行う場合に、ぜひ気を付けるポイントを押さえましょう。クッキーOEM選定のポイントもあわせてご紹介します。

国産ワインブーム到来!ワインOEMの3つのポイント

今回は、ワイン開発からOEM製造において知っておきたいポイントと共に、ワインOEMの選び方についてご紹介します。

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでしょう。その比較検討するときには、大事なポイントがあります。それを押さえることで、OEM製造が成功に近付くでしょう。

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増えています。美味しさや種類数も向上している中、いかに優れた離乳食・ベビーフードを開発するかが求められています。