HOME > コラム > オリジナル商品を開発・企画するときに検討すべきポイント

関連のコラム

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEM…

クッキーOEMで気を付ける3つのポイント

焼菓子のクッキーを、OEMに委託して開発・製造することを考える場合、ぜ…

国産ワインブーム到来!ワインOEMの3つのポイント

今回は、ワイン開発からOEM製造において知っておきたいポイントと共に、…

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹…

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでし…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

オリジナル商品を開発・企画するときに検討すべきポイント

その他

Date: 2021.05.13

自社ブランドのオリジナル食品を開発・企画することには、さまざまなメリットがあります。けれど、初めてのことで具体的なメリットがわからなかったり、イメージがわかなかったりすることも多いのではないでしょうか。そこで今回は、食品のオリジナル商品を開発・企画するメリットや開発例、検討すべきポイントをご紹介します。

食品のオリジナル商品開発のメリット

小売店やスーパー、飲食店などは、独自に開発・企画したオリジナルの食品を販売・提供することもできます。オリジナル商品を開発することは、企業や店舗にとって次のようなメリットが期待できます。

●お客様のニーズに合わせた商品を作ることができる
普段、サービスを提供しながらお客様の声を耳にしても、すべての声に応えられないはがゆさはありませんか? そうしたお客様の声を集めてオリジナル商品の開発・企画に反映すれば、お客様のニーズに合わせた商品を作ることができます。

●安心・安全の商品を原材料からこだわって制作できる
例えば、飲食店がオリジナルソースを開発すれば、既成品のソースとは異なり、自ら原材料からこだわって作ることができるので、安心・安全のものをお客様に提供できます。

●自社やブランド特有の個性を出せる
オリジナル商品を販売することで、自社や店、ブランドのアピールにつながります。個性を消費者に認知してもらうことで、ブランディングや強い印象付けにもつながるでしょう。

●お店のファンを増やし他店との差別化を図れる
小売店や飲食店がオリジナル商品を開発し、販売することで、さらにお店のファンが増える見込みがあるため、他店との差別化を図ることができます。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

オリジナル商品の開発例

実際、オリジナル商品を開発するというのは、具体的にどのようなことなのか、イメージができるよう、開発例を挙げてみます。

●「自店だけのオリジナルドレッシングを作る」
飲食店が自店オリジナルのドレッシングを開発し、料理に使用したり、お客様に販売したりする方法です。これにより、自店のこだわりの味や風味、原材料のドレッシングを作ることができる上に、ファンが増える可能性や、これまでにない販路を見出すことができる可能性もあります。

●「自店のオリジナルブランドの食品を開発する」
スーパーマーケットが、自店のオリジナルブランドの食品を開発することは最近ではよく行われています。いわゆる「プライベートブランド」です。他社商品より安価に制作・販売できるほか、ブランディングも可能です。

●「イベントや特別な催しなどで販売・配布する商品を制作する」
一般企業であっても、自社のオリジナル食品を開発し、イベントや催しの際にノベルティグッズとして販売・配布することで、PRにつながります。

オリジナル商品を開発・企画するときに検討すべきポイント

オリジナル商品を開発・企画するときには、次のようなことを検討しておくことが成功のためには大切です。

●原材料や成分はあらかじめよくリサーチ・検討する
オリジナル食品に使用する原材料や成分等は、あらかじめよくリサーチし、こだわって企画することがポイントです。オリジナル食品だからこそ、自社・自店舗のすべてを投入し、良きものを作りましょう。

●コンセプトを明確にしてOEMメーカーに伝える
自社で開発・企画を行い、製造はOEMメーカーに依頼するということも多いでしょう。その際、意図したものを製造してもらうためにも、あらかじめコンセプトを明確にしておき、OEMメーカーにしっかりと伝えられるようにしておきたいものです。

●試食はしっかり行う
いくら信頼のおけるOEMメーカーであっても、試食は自社でしっかりと行い、問題ないか確認するのをおすすめします。できれば商品のターゲットに近い年齢の人物が試食し、その他にもさまざまな年代、嗜好の人が試食をしておくと客観的な評価ができるでしょう。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

オリジナルの食品を開発・企画するときのメリットや検討すべきポイントをご紹介してきました。オリジナル商品の開発はメリットが多く得られます。ぜひポイントを押さえて成功させましょう。

関連記事

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEMのポイントをご紹介します。

クッキーOEMで気を付ける3つのポイント

焼菓子のクッキーを、OEMに委託して開発・製造することを考える場合、ぜひ市場トレンドを把握しておきたいものです。さらに、クッキーのOEM製造を行う場合に、ぜひ気を付けるポイントを押さえましょう。クッキーOEM選定のポイントもあわせてご紹介します。

国産ワインブーム到来!ワインOEMの3つのポイント

今回は、ワイン開発からOEM製造において知っておきたいポイントと共に、ワインOEMの選び方についてご紹介します。

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでしょう。その比較検討するときには、大事なポイントがあります。それを押さえることで、OEM製造が成功に近付くでしょう。

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増えています。美味しさや種類数も向上している中、いかに優れた離乳食・ベビーフードを開発するかが求められています。