HOME > コラム > ふりかけのOEM開発をするときに検討するポイント徹底解説

関連のコラム

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介しま…

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、そ…

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイ…

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや…

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラー…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

ふりかけのOEM開発をするときに検討するポイント徹底解説

ふりかけ

Date: 2022.04.01

ふりかけの新規開発を考えているという場合、トレンドを押さえて実施したいものです。また、OEMに委託して製造販売する場合に検討したいポイントやOEM選定基準も合わせて知って起きたいものです。今回は、それらの役立つ情報をご紹介します。

ふりかけ商品のトレンド

ふりかけのOEM商品を開発する際には、ぜひ近年のふりかけ商品のトレンドを押さえておきましょう。

コロナ禍の巣ごもり需要で、ふりかけの売上が好調といわれています。近年の健康志向がコロナ禍でさらに強まり、ふりかけにも反映され、食物繊維やカルシウム入りなどの健康を後押しするような商品も出てきています。このことから、健康の観点は重要と考えられます。

また「鬼滅の刃」などの人気アニメとのコラボも売れる傾向があり、子育て家庭に適した楽しく食卓を彩る路線も有効と考えられます。

近年は乾燥タイプだけでなく、しっとり系のソフトふりかけの需要もあります。

ふりかけのOEM開発の検討すべきポイント

ふりかけを新規開発するときには、トレンドを押さえながらも、ぜひ次のポイントも検討しましょう。

●種類を検討する
ふりかけにはさまざまな種類があるため、ターゲットや利用シーンに合わせて検討するのをおすすめします。一般的なふりかけであれば、乾燥タイプとしっとりタイプに分かれ、ご飯などにふりかけるタイプのほか、混ぜ込みタイプもあります。またフレーバーソルトや味付けごまなどの展開も考えられます。

●容器も合わせて検討する
ふりかけは、容器も重要です。家庭の食卓に直接置かれることが多いため、見た目がオシャレだったり、親しみやすかったりすることで手に取りたくなります。個包装タイプであればキャラクターをプリントするなどすれば子どものお弁当にも利用してもらえるでしょう。

●売り場イメージを明確に
売り場イメージ、利用されるシーンなどもしっかりと明確にしておくことが大切です。例えば「子育て家庭の朝の食卓に毎朝登場する、バラエティに富んだ味わいを選べる、子どもから大人まで美味しいふりかけ」などのイメージがあれば、完成品のイメージがつきやすくなり、OEMに伝えやすくなります。

ふりかけOEMメーカーの選定ポイント

ふりかけOEM製造を成功させるために、委託先のOEMメーカーを選ぶポイントをご紹介します。

・製品の特徴を生かした製造機械や方法を提案してくれる
依頼時には、ふりかけを得意とするOEMを選ぶと思われますが、その際に、実績が豊富で、製品ごとの特徴を活かした製造機械や製造方法をOEMメーカー側から提案してくれるような業者であれば安心です。ふりかけ開発製造が初めての場合、見過ごしている部分などがあるかもしれませんし、それをアドバイスしてくれるでしょう。

・小ロット製造に対応してくれる
小ロットで製造し、テスト販売することが多く行われていますので、OEMも小ロット対応してくれるところが理想です。小ロットで製造対応するには、コストを抑えるように企業努力が必要な面もありますので、真面目な業者であるといえます。また、小ロットかつ複数種類の商品を作るというのもいいでしょう。

・開発・企画力がある
過去のふりかけ製造実績を活かし、開発や企画から関わってくれるOEMメーカーもあります。「こういうものが作りたいのだけれど、どうすればうまくいくか」など、企画段階で相談できれば、作りたいものが実現しやすく、製造がスムーズにいくでしょう。

まとめ

ふりかけをOEM製造するときに役立つヒントをご紹介してきました。ふりかけは今、需要が高まっていることから、ぜひ積極的に開発したい商品といえます。OEMメーカーの選定を賢く行い、売れる、そして喜ばれるふりかけを製造しましょう。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介します。

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、それぞれの違いや特性をよく理解しておくとスムーズです。また、開発・製造に必要な知識や注意点、OEMメーカーを選ぶポイントもぜひ押さえておきましょう。

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイントを押さえて実施しましょう。

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや成功ポイントをご紹介します。

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラーメン製品の開発の際に考えておきたいことがあります。競合他社の製品に勝ち抜くための工夫やポイント、OEMメーカーの選定ポイントをご紹介します。

新規でOEM・委託製造契約を結ぶ際の注意点を解説

OEMには多様なメリットがある一方で、注意すべき事柄も多くあり、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。ぜひあらかじめ確認してから契約に臨むのをおすすめします。