食品OEM総合サイト:HOME > 特集 > 味噌・醤油特集

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のコラム

小袋充填の調味料製造を委託する際に確認したい5つのポイント

小袋に充填する調味料は、お弁当や小分けの調味料として便利に活用されてい…

フリーズドライ食品のOEMを開発するときに気を付けたい7つの点

近年、注目を集めるフリーズドライ食品。お湯を注ぐだけですぐに食べられる手…

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介しま…

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、そ…

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイ…

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

味噌・醤油特集

食品開発OEM.jpは食品に関する様々な情報を発信し、食品開発をしたい企業と食品をOEM・受託製造をしている企業とをマッチングします。

味噌・醤油特集

13件のつくりたいもの・サービスが見つかりました。

味噌・醤油特集 / 味噌

味噌の健康効果と種類

味噌汁や味噌漬けなど、食卓に欠かせない味噌は、健康効果が期待できる栄養食品です。がんや生活習慣病のリスクを軽減し、老化防止も期待できます。

味噌は、最も一般的な、米・大豆・塩で作られる米味噌のほか、麦・大豆・塩を原料とする麦味噌、大豆・塩を原料とする豆味噌、複数を調合する調合味噌があります。

味噌市場のトレンド

近年は、減塩や麹の健康志向から、麹の割合の高い甘い味噌が味噌市場ではトレンドになっています。

また現在は家庭において、鍋で家族の分の味噌汁を作るケースが減っていることから、個々に好きなタイミングで飲める即席味噌汁製品が人気です。

従来の味噌も、一定期間使い続けてもらうというよりは、多様なニーズに対応するために、複数の種類の味噌を家庭に常備してもらい、好みに応じて切り替えて使ってもらうような展開の仕方に切り替えているメーカーも出てきています。

味噌OEMメーカーを選ぶ4つのポイント

味噌を開発し、製造を行う場合に、優良な味噌OEMメーカー選びは欠かせません。選定基準として、

  • ・小ロット対応が可能か
  • ・豊富な開発実績があるか
  • ・容器・デザイン・価格などワンストップサービスか
  • ・トレンドに沿った提案による製造は可能か

といった面で検討すると良いでしょう。

花こうじみそ

職人が昔ながらの伝統の製法で造った木桶仕込み味噌です。業務用では味噌のプロが、求めるレシピにあったベストなお味噌をご提案。また、お客様仕様のオリジナル味噌の製造も承っています。

取り扱い会社

株式会社ヤマニ味噌[関東]

〒285-0015 千葉県佐倉市並木町33

ちばの恵

職人が昔ながらの伝統の製法で造った木桶仕込み味噌です。業務用では味噌のプロが、求めるレシピにあったベストなお味噌をご提案。また、お客様仕様のオリジナル味噌の製造も承っています。

取り扱い会社

株式会社ヤマニ味噌[関東]

〒285-0015 千葉県佐倉市並木町33

菜の花みそ

職人が昔ながらの伝統の製法で造った木桶仕込み味噌です。業務用では味噌のプロが、求めるレシピにあったベストなお味噌をご提案。また、お客様仕様のオリジナル味噌の製造も承っています。

取り扱い会社

株式会社ヤマニ味噌[関東]

〒285-0015 千葉県佐倉市並木町33

胚芽米糀入りみそ

職人が昔ながらの伝統の製法で造った木桶仕込み味噌です。業務用では味噌のプロが、求めるレシピにあったベストなお味噌をご提案。また、お客様仕様のオリジナル味噌の製造も承っています。

取り扱い会社

株式会社ヤマニ味噌[関東]

〒285-0015 千葉県佐倉市並木町33

九州・熊本の調味料のOEM・受託生産と言えば、ホシサン株式会社

小袋・スパウトパック・150mlペットボトル~20LQBまで、様々な容器に充填できるのが、私たちの強みです。

取り扱い会社

ホシサン株式会社[九州・沖縄]

〒861-8007 熊本県熊本市北区龍田弓削1丁目28番8号

料理にそのままかけても炒めて使っても、どんな料理にでも合う、万能みそだれ「つけてみそかけてみそ」

ナカモ㈱は豆みそ・米みそ等、味噌を使用したタレ、ソース食品開発をしている企業様のOEM製品を・受注製造のお手伝いできる会社です。

取り扱い会社

ナカモ株式会社[中部]

〒452-0025 愛知県清須市西枇杷島町十軒裏3

味噌・醤油特集 / 醤油

醤油の作り方

醤油の原料は、大豆と小麦と食塩とシンプルですが、温度や湿度が適当かどうか細心の払いながら、良質のしょうゆ麹を作り上げるのは職人技です。

醤油には、濃口(こいくち)醤油のほか、淡口(うすくち)醤油、たまり醤油、再仕込み醤油があります。

醤油が持つさまざまな機能

普段、何気なく利用している醤油ですが、実にさまざまな機能があります。

例えば酸性度の異なる食べ物同士を、美味しく感じる弱酸性に近づける働き「緩衝能」や、肉や魚の生臭みを消す消臭作用、強い殺菌力などがあります。

醤油OEM化のメリット

調味料として魅力ある醤油をオリジナルで開発によってOEMで製造するといった場合、さまざまなメリットが期待できます。

例えば、製造コストを下げることができたり、小ロットから対応してもらえたり、高品質で安心・安全の醤油を製造してくれるOEMメーカーであれば、安定して供給してもらうこともできます。

コラボする甘口九州しょうゆ

1752年創業の博多で最古級の醤油店です。

取り扱い会社

有限会社タケシゲ[九州・沖縄]

〒815-0071 福岡県福岡市南区平和1-23-6

しょうゆ、つゆたれ

500ml、1L、1.8LのPETボトル商品から18L缶やバックインボックスまで大容量の調味液も対応します。

取り扱い会社

ヤマモリ株式会社[近畿]

〒511-8711 三重県桑名市陽だまりの丘6-103

オリジナル醤油のオーダー、不二家とのコラボ企画を承ります。

醤油の旨味は「もろみ」が決め手。明治期より使われてきた杉桶を今でも大切に使用してもろみ仕込みを行なっています。醤油の旨味は「もろみ」が決め手であり、私たちの宝です。そのもろみを使った醤油は、唯一無二の存在。

取り扱い会社

株式会社不二家[九州・沖縄]

〒833-0011 福岡県筑後市久恵1137-1

九州・熊本の調味料のOEM・受託生産と言えば、ホシサン株式会社

小袋・スパウトパック・150mlペットボトル~20LQBまで、様々な容器に充填できるのが、私たちの強みです。

取り扱い会社

ホシサン株式会社[九州・沖縄]

〒861-8007 熊本県熊本市北区龍田弓削1丁目28番8号

創業200余年の技術と経験を活かしたこだわりの調味料づくり

創業1800年 大阪唯一の醤油醸造メーカーです。
PB・OEMを中心に、各種調味料を製造・販売しています。

取り扱い会社

大醤株式会社[近畿]

〒590-0823 大阪府堺市堺区石津北町20

産直素材を原料にした、蔵工房こだわりの醤油と醤油加工品、ドレッシング、ソース、飲料。

二反田醤油店は、御社地元の農産物、海産物等を使って魅力ある液体調味料、飲料を開発、製造します。

取り扱い会社

有限会社二反田醤油店中津工場[九州・沖縄]

〒871-0027 大分県中津市上宮永955-1

味噌・醤油のOEMを始める際に気を付けるポイント

味噌や醤油は言わずと知れた日本の伝統食品ですが、長い歴史の中で地域・原材・目的に応じた様々な種類が存在します。その為販売目的や販路に応じて、どのような味噌・醤油をOEMで製造するか決め、それぞれ得意製品に応じた企業へ依頼しましょう。

 

●味噌
味噌は最も地域性の出る調味料の一つです。名古屋周辺では八丁味噌、東北では仙台味噌、長野の信州味噌などはお土産として販売されていることも多いですし、白味噌は京料理には欠かせません。味噌のOEMを検討する場合、その地域で売れている味噌の種類をよく調査し、販売目的や販路をよく検討してから企画しましょう。
味噌は主に大豆を主原料としますが、その他に使用する穀類によって4種類に分かれます。

  • ・米味噌:大豆に米麹を加えて作る味噌です。全国的に生産・消費されています。
  • ・麦味噌:大豆に麦麹を加えて作る味噌です。主に九州や四国、中国地方で生産されています。
  • ・豆味噌:大豆のみを主原料とし作られる味噌です。主に愛知(名古屋)を中心とした地域で生産されています。
  • ・調合味噌:風味や辛さを調整するため、上記3種類を混ぜて作られる味噌です。九州を中心に、西日本や中部でも見られます。

また、米味噌は辛さや色により、赤味噌や白味噌といった区分もあります。

 

●醤油
醤油といえば濃口醤油を連想される方も多いでしょうが、実は塩分濃度や色の異なる5種類に分類されます。
醤油は地域性の区分は薄いですが、使用目的による使い分けが最も重要となります。OEMを検討される場合は、どの料理や食材と合わせて販売するかによって、受託企業を検討してみてください。

  • ・濃口醤油:全国の醤油出荷量の84%を占める、最もポピュラーな醤油です。
  • ・淡口醤油:色は濃口醤油より薄いですが、実は塩分濃度は高めです。あまり醤油の色を付けたくない煮物、汁物に最適です。
  • ・たまり醤油:加熱すると綺麗な赤みが出る為、照り焼きや佃煮に最適。主に中部地方で生産されています。
  • ・再仕込醤油:山陰~北九州で多く生産されます。刺身や冷奴などの卓上醤油として使われることが多いです。
  • ・白醤油:淡口醤油より更に白い色が特徴で、独特の香りを生かすお吸い物や茶わん蒸し、漬物などに最適です。