HOME > コラム > オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

関連のコラム

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採…

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します…

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介しま…

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

オリジナル醤油を作ろう!醤油OEMで他と差をつけるポイント

調味料

Date: 2022.11.01

食品OEMまるごとおまかせサービス

醤油は今、たまごかけご飯や納豆専用の醤油や、変わり種のオリジナル醤油が注目を集めています。そのような、オリジナル醤油をOEMで製造し、市場に流通させたいとお考えの場合、ぜひ他と差を付けましょう。今回は、醤油OEMの市場動向と共に、他と差をつけるポイントや醤油OEMのポイントをご紹介します。

醤油OEMへの展望 近年の市場動向

醤油の近年の市場動向はどうなっているのでしょうか。現在、醤油製品は多様化しています。次のような個性的な醤油が出てきています。

・洋風にアレンジした醤油ベースの調味料
醤油ベースのオイルドレッシングやガーリック醤油、具材入りの醤油など、醤油を洋風にアレンジした醤油の域を超えた調味料が増えています。

・だし醤油
家庭では、料理に使うことで旨味を引き立てるだし醤油が人気を博しています。

・専用醤油
たまごかけご飯専用の醤油や、納豆専用の醤油といった専用醤油のバリエーションが増えることで、醤油の利用シーンも増えています。

また、海外向けについても近年、製造・輸出が進んでおり、長期的な醤油の輸出額は増加傾向にあります。コロナ禍で近年、停滞傾向にあるものの、米国や中国、欧州などは拡大傾向にあります。主に米国においては、オーガニック、グルーテンフリー、無添加、減塩醤油がトレンドキーワードになっています。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

醤油OEMで他と差をつけるポイント

国内の醤油市場で、勝ち残っていくためには、他社製品と差をつける必要があります。そのために、ぜひ取り入れたいポイントをご紹介します。

●他にはないオリジナル醤油を開発する
汎用的な醤油はすでに大手メーカーが占めていますので、こだわって他にはない差別化ポイントを有するオリジナル醤油を開発するほうが、近道といえるかもしれません。市場調査やニーズ調査を行い、オリジナル醤油を作りましょう。

●「専用醤油」や「だし醤油」などトレンドを押さえる
オリジナル醤油を開発するに当たって、先にご紹介したような、現在の醤油トレンドを押さえることは欠かせません。専用醤油のバリエーションとして新たなものを作ったり、トレンドをヒントにして新たなトレンド潮流を作るのを目指したりするのも良いでしょう。

●開発提案をしてくれるOEMメーカーを選ぶ
自社だけで企画開発すると視野が狭くなることもありますので、市場や製造に詳しい醤油OEMを選び、提案を受けるのも一つの方法です。開発を共に行うのも良いでしょう。

醤油のOEM選びのポイント

醤油のOEMメーカーを選ぶ際には、次のポイントを押さえることで、より優良なOEMメーカーと巡り合うでしょう。

●小ロットから対応可能
小ロットから製造対応してくれるOEMメーカーは、企業努力を行っていることが多いため、優良メーカーに行き当たる可能性も高いです。まずは少数から製造してテストマーケティングを行うのもおすすめです。

●製造工場は食品安全システムなどの各種認証を取得しているか
食品製造において、衛生管理は徹底されている必要があります。食品安全システムなどの各種認証取得は大きな目安となります。取得している認証を比較するのも良いでしょう。

●長年培ってきた職人技を活かした提案・製造
醤油は、日本の伝統食品であることから、その製造においても熟練の職人技が求められます。OEMメーカーに職人が存在するかどうかを確認し、場合によっては開発から意見を聞くのもおすすめです。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

醤油は現在、多様化しており、オリジナル醤油を作ることで、他との差別化を図ることが一つの方法といえるかもしれません。優良な醤油OEMメーカーを選定しながら、ぜひ醤油製造を成功させましょう。




お客様の思いをカタチにする
パッケージメーカー

丸信は包装資材事業を柱に、お客様の課題解決につながるさまざまなサービスやソリューションをワンストップでお応えする、トータルパッケージカンパニーです。
OEM製造が決まったら、気になることは売り場での訴求方法です。丸信ではOEMマッチングのご支援だけでなく、パッケージ製造企業として、お客様の製品をより魅力的に見せるパッケージをご提案いたします。

コーポレートサイト

丸信のパッケージ製作サービス

オーダーメイド専門店紙箱化粧箱.net

「化粧箱を作りたい」
「こんな紙箱を探している」
ご要望をカタチにいたします!

オリジナルのラベル・シール作成ならラベル印刷シール印刷.com

「袋に貼るシールを作りたい。」
商品にぴったりの、
オリジナルラベルをご提案!

関連記事

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採用した食品の例、これからOEMで商品を開発する際に知っておきたいサステナブルパッケージを取り入れるポイントをご紹介します。

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します。

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介します。

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼き作りのためのOEMを選ぶポイントをお届けします。ぜひヒントにお役立てください。

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパッケージ作りのポイントをご紹介します。

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッケージ制作時の注意点をご紹介します。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス