HOME > コラム > 市場拡大中の代替乳 牛乳アレルギーでも飲める?

関連のコラム

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッ…

クラフトチョコレートとは?OEM製造のポイントを徹底解説

近年、よく耳にするようになったクラフトチョコレートという言葉。手作り感…

売れている味噌のパッケージはここが違う!数多くの商品の中で手に取ってもらえるポイントとは ?

味噌をOEMで開発するときに手に取ってもらえるパッケージ制作のポイント…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

市場拡大中の代替乳 牛乳アレルギーでも飲める?

飲料畜産・乳製品

Date: 2023.08.07

食品OEMまるごとおまかせサービス

近年、代替食品の需要が高まる中、代替乳という商品も生まれています。今回は代替乳とは何かということや、市場規模、種類やメリット、商品事例など、代替乳にまつわる情報をご紹介します。

代替乳とは?現状の市場規模

代替乳とは、アーモンドミルクや豆乳などの、牛乳は一切使わず、植物由来の原料のみを使った飲料を指します。牛乳の代替品という意味で代替乳と呼ばれることがありますが、他に、牛乳が動物性ミルクであるのに対して、「植物性ミルク」と呼ばれることもあります。

●代替乳の市場規模
代替乳の市場規模は、世界的に拡大しているといわれています。特に欧米では動物性食品を控える傾向が強くなっており、牛乳の需要が減少し、代替乳が徐々に増え続けている状況にあるといわれています。

日本では、代替乳全体の需要は増えているといわれており、特に豆乳が最も需要が多い状況にあります。次いでアーモンドミルクやオーツミルクなどに需要があります。

●市場拡大の背景
世界的に代替乳の市場が拡大している背景としては、代替乳製品が持つ低脂肪、低コレステロールといった健康志向や栄養メリットのほか、菜食主義を好む人や、乳糖不耐症や牛乳アレルギーの人が増加していることなどが挙げられます。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

代替乳の種類

代替乳の種類は多岐に渡ります。そこで種類別に原材料や特徴をご紹介します。

●豆乳
豆乳は大豆が原料の飲料で、ちょうど豆腐を製造する過程において、固める前の乳液の状態を指します。大豆をすりつぶして液体を絞ると汁とかすに分かれますが、このうち、汁を豆乳と呼んでいます。
 
●アーモンドミルク
アーモンドミルクは、アーモンドを細かく砕いた細片をこしたり、アーモンドを挽いてペースト状にしたりすることで作る飲料です。アーモンドの風味を楽しむことができ、さらにアーモンドの栄養を摂取できます。

●オーツミルク
オーツミルクは、オーツ麦から作られる飲料で、オーツ麦を水に浸し、裏ごしをして作られます。オーツ麦は穀物の一種で、小麦に含まれるグルテンというたんぱく質が含まれていないため、グルテンへの健康的な懸念が強い傾向のある欧米では代替食品として利用されています。そのオーツ麦を使用したオーツミルクにも、健康志向の人々から注目が集まっています。

●ライスミルク
ライスミルクは、お米を原料とした飲料です。白米もしくは玄米などを水と共に撹拌して作られます。お米のほんのりとした甘さとさらっとした喉越しが飲みやすく、お米の栄養価が得られるメリットがあります。

●ココナッツミルク
ココナッツミルクとは、ココナッツを原料とした飲料です。ココナッツの果肉を砕いたものに水を混ぜて撹拌し、濾過して作られます。飲用だけでなく調味料として利用されることもあります。

代替乳のメリット

代替乳は、さまざまなメリットが認められているため、一般に普及しています。そのうち、主なメリットをご紹介します。

●健康志向の人に需要がある
代替乳の原材料は、豆やナッツ、穀物など植物性のものであるため、多くの場合に食物繊維やビタミン・ミネラルが豊富であるというメリットがあります。また牛乳と比べてカロリーが低く、脂質が少ないものが多い傾向があります。そのため、健康志向やダイエット中の人に好まれています。

●牛乳を飲めない人でも飲める
牛乳は、牛乳アレルギーの人は飲めないため、代わりになる飲料が長年求められて来ました。複数の代替乳は牛乳アレルギーに対応しているため、手に取りやすくなっています。

さらに、乳糖不耐症の人も同様に飲むことができますし、動物性食品を摂らない菜食主義の人にとっても好まれています。

●豆乳は市販品も多く牛乳の代替として最適
豆乳は、日本では牛乳に引けをとらないくらい商品化が進んでいるため、手に取りやすくなっています。牛乳の代わりに飲む習慣を持ちたいときにも困りにくいメリットがあります。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

代替乳の商品事例

代替乳は、すでに多種多様な商品が開発され、販売されています。3つの商品の事例をご紹介します。

●アーモンドミルク
ある日本の食品メーカーは、アーモンドミルク飲料を開発し、製造販売しています。シリーズ化されており、カロリーを抑えたものや、砂糖不使用の黒ごまやエスプレッソ、甘みを加えたシリーズのチョコレートやコーヒーといった数種類のフレーバーを展開しています。サイズも少量の200mlと家庭用の1000mlの2サイズが用意されており、シーンに応じて選べます。

●ライスミルク
ある日本の酒蔵で食品メーカーでもある会社は、ライスミルクを開発して、製造販売しています。ヴィーガンやベジタリアン、食物アレルギーを持つ人から人気を博しており、飲用のほか、料理や製菓の材料としても利用されています。

●オーツミルク
あるドイツのフードテック企業は、パウダー状のオーツミルクを手がけており、飲みたいときに水を加えてオーツミルクを作ることができるようにしています。これにより、飲料として販売されている製品と比べて、長期保存ができるため、食品ロスの問題にも対応できています。

まとめ

代替乳は、代替食品の中でも普及している傾向があり、すでに定着しています。代替乳の商品開発を検討する際には、ぜひ参考にされてください。




関連記事

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼き作りのためのOEMを選ぶポイントをお届けします。ぜひヒントにお役立てください。

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパッケージ作りのポイントをご紹介します。

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッケージ制作時の注意点をご紹介します。

クラフトチョコレートとは?OEM製造のポイントを徹底解説

近年、よく耳にするようになったクラフトチョコレートという言葉。手作り感のあるチョコレートとして愛されています。OEM開発製造をお考えの方もいるのではないでしょうか。どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。今回は、そのポイントとともに、クラフトチョコレートのOEM製造メーカー選びの要点をご紹介します。

売れている味噌のパッケージはここが違う!数多くの商品の中で手に取ってもらえるポイントとは ?

味噌をOEMで開発するときに手に取ってもらえるパッケージ制作のポイントや、味噌のパッケージ制作会社を利用するのが適しているケースについてもご紹介します。

ふりかけはパッケージが重要!理由から抑えるべきポイントを解説

今回は、売れているふりかけの特徴から、ふりかけ商品はパッケージが重要な理由、パッケージ制作のポイントまでご紹介します。ぜひ優れたふりかけ開発の一助にされてください。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス