HOME > コラム > 売れる飴・キャンディをOEMで作るポイントを解説!

関連のコラム

国内外で売れる酒パッケージ・包装を検討する際のポイント

どのように工夫すれば、売れる酒パッケージや包装を実現できるのでしょうか…

食品EC業界で成功している企業の7つの特徴

食品EC業界で成功している企業の7つの特徴を取り上げて、ご紹介します。…

2024年食品トレンド・業界動向①「健康×おいしさ」~商品がウケる背景を解説!

「健康×おいしさ」食品トレンドの背景から具体的な商品例、「健康×おいし…

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採…

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

売れる飴・キャンディをOEMで作るポイントを解説!

菓子

Date: 2024.02.01

食品OEMまるごとおまかせサービス

飴やキャンディの商品開発、製造をOEMで行おうとしている方は、まず事前に成功のポイントを調べていることも多いのではないでしょうか。実際に売れる飴やキャンディを作るにはどうすれば良いのでしょうか。今回は近年の飴やキャンディ市場の状況からOEMで作るときの成功ポイント、OEMメーカーの比較ポイントをご紹介します。

近年の飴・キャンディ市場

まずは近年の飴・キャンディ市場の状況をご紹介します。

●世界の市場は伸長中
世界的には、飴やキャンディの市場は伸長しているといわれています。特に近年は、世界的に健康志向が高まっていることを背景に、オーガニック食文化がトレンドとなっています。オーガニックとは化学肥料や農薬を用いない有機農法や有機栽培のことを指します。このオーガニックに対応した製品開発が活発化しています。

また肥満や糖尿病などが懸念される糖類については、世界的に控える傾向があり、飴・キャンディ市場においても「無糖キャンディ」という軸で商品開発が進んでおり、需要も高まっています。

●日本ではのど飴に注目が高まる
近年の日本の市場においては、低迷している傾向がある中で、ここ数年ではのど飴の伸長が目立っています。

これにはコロナ禍によって健康志向が高まったことも起因しています。現在は、マスクを外して行動するようになってきたことで、乾燥しがちな傾向からのどにうるおいをもたらすのど飴の需要が高まっているといわれています。

●トレンドの飴
日本では若い世代を中心に「りんご飴」や「フルーツ飴」といった飴のトレンドがあります。りんご飴は昔から日本の屋台などで親しまれていますが、2019年頃に韓国でフルーツ飴が流行したことから、イチゴなどと共にりんご飴も人気になりました。まだブームが続いているため押さえておきましょう。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

売れる飴・キャンディをOEMで作るポイント

売れる飴・キャンディをOEMで作るポイントをご紹介します。

●トレンドに即したのど飴の追求
日本では他の飴製品と比較して、のど飴の需要が高いことから、のど飴をOEM製造することは売れる商品を開発する上での近道といえます。のど飴には医薬品、医薬部外品、食品があり、市場にはそれぞれについて特徴的な製品がそろっています。フレーバーはもちろん、含有する成分にもこだわって作ることでオリジナリティが生まれると考えられます。

●飴開発技術に長けたOEMメーカーの選定
OEMで飴・キャンディを製造する際にはそれらに特化したメーカー選びが欠かせません。特に飴は専門的な開発技術が求められるため、長年の実績と共に技術面も検討しましょう。具体的な選び方は後述します。

●オリジナル飴の素材選び
オリジナリティをより追求するためには、飴の素材選びが欠かせません。中には抹茶、酒かす、ワイン、酢などの飴に対応するメーカーもあります。地元の果物などの名産物を利用することで、地域の認知度が上がり、地域活性化にもつながります。

●袋・包装を最適化する
飴やキャンディの袋や包装に気を遣うことで、消費者はいつでも美味しく食べることができます。特に飴は温度によって溶けるため、販売場所やシーンに応じて袋や包装の素材を変える必要があります。例えば、炎天下のイベントで販売するといったケースでは、熱に強い包装資材が有効です。

飴・キャンディのOEMメーカーの比較ポイント

飴・キャンディのOEMメーカーを選定するときの比較のポイントを見ていきましょう。

●伝統的・独自の技術力を持っている
飴・キャンディの製造技術は奥深く、その技術力によって飴の品質が変わってきます。素人には分からない技術力の高さを、実績などから見極めましょう。

●小ロットから依頼できる
OEMの製造を初めて行う商品であれば、はじめはスモールスタートで製造販売していくことが多いことでしょう。OEMメーカーによっては小ロットから依頼できるところもありますので、そういったメーカーを選定することをおすすめします。

●衛生面・品質管理が徹底している
飴・キャンディは食品の一つであり、製造工程における衛生管理や品質管理は重要なものとなっています。
例えば、衛生管理の手法であるHACCPの認定を取得しているメーカーは、食中毒菌汚染や異物混入などの危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程を通じて、それらの危害要因を除去または低減させるために特に重要な工程を管理しています。このような具体的な取り組みのわかるメーカーを選びましょう。

●素材・加工・パッケージまで相談できる
飴・キャンディの開発に当たって、素材や加工方法、パッケージに至るまで相談できるOEMメーカーもあります。必要に応じてどこまで相談に応じてもらえるか確認しておきましょう。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

飴・キャンディのOEM製造を検討されている方は、ぜひトレンドを踏まえた上で自社オリジナルの優良な製品を製造されてください。

食品開発OEM.jpでは、飴・キャンディのOEMメーカーの情報もご覧いただけますので、ぜひご利用ください。




お客様の思いをカタチにする
パッケージメーカー

丸信は包装資材事業を柱に、お客様の課題解決につながるさまざまなサービスやソリューションをワンストップでお応えする、トータルパッケージカンパニーです。
OEM製造が決まったら、気になることは売り場での訴求方法です。丸信ではOEMマッチングのご支援だけでなく、パッケージ製造企業として、お客様の製品をより魅力的に見せるパッケージをご提案いたします。

コーポレートサイト

丸信のパッケージ製作サービス

オーダーメイド専門店紙箱化粧箱.net

「化粧箱を作りたい」
「こんな紙箱を探している」
ご要望をカタチにいたします!

オリジナルのラベル・シール作成ならラベル印刷シール印刷.com

「袋に貼るシールを作りたい。」
商品にぴったりの、
オリジナルラベルをご提案!

関連記事

国内外で売れる酒パッケージ・包装を検討する際のポイント

どのように工夫すれば、売れる酒パッケージや包装を実現できるのでしょうか。成功のポイントと共に、酒パッケージ・包装の成功事例をご紹介します。

食品EC業界で成功している企業の7つの特徴

食品EC業界で成功している企業の7つの特徴を取り上げて、ご紹介します。ぜひ参考にされてください。

2024年食品トレンド・業界動向①「健康×おいしさ」~商品がウケる背景を解説!

「健康×おいしさ」食品トレンドの背景から具体的な商品例、「健康×おいしい」食品を開発するポイントをご紹介します。

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採用した食品の例、これからOEMで商品を開発する際に知っておきたいサステナブルパッケージを取り入れるポイントをご紹介します。

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します。

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介します。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス