HOME > コラム > 食品包装フィルムの種類を解説!最新トレンドもご紹介

関連のコラム

売れている味噌のパッケージはここが違う!数多くの商品の中で手に取ってもらえるポイントとは ?

味噌をOEMで開発するときに手に取ってもらえるパッケージ制作のポイント…

ふりかけはパッケージが重要!理由から抑えるべきポイントを解説

今回は、売れているふりかけの特徴から、ふりかけ商品はパッケージが重要な…

売れるパンをOEMで作るポイントとは?工程ごとに解説!

これからパンをOEMで開発・製造するという方は、どうすれば売れるパンを…

無菌充填包装とは?メリットや事例までご紹介

今回は、無菌充填包装の概要からメリット、事例までご紹介します。…

食品包装フィルムの種類を解説!最新トレンドもご紹介

今回は、食品包装フィルムの概要から種類、最新トレンド、事例をご紹介しま…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

食品包装フィルムの種類を解説!最新トレンドもご紹介

その他

Date: 2024.02.01

食品OEMまるごとおまかせサービス

食品包装を考える際には、食品包装フィルムの特性を考えて食品に合ったものを検討する必要があります。そのような中でも、食品包装フィルムは、種類が豊富にあることから、その特性をある程度、押さえておくことが大切です。
今回は、食品包装フィルムの概要から種類、最新トレンド、事例をご紹介します。

食品包装フィルムとは?種類もご紹介

食品包装フィルムの役割や多く使われている食品フィルムの種類をご紹介します。

●食品包装フィルムとは?
食品包装フィルムとは、食品包装に利用するフィルム全般を指します。商品の保護や利便性向上、情報伝達といったさまざまな役割があります。食品包装フィルムと一口に言ってもさまざまな種類があることから、内容物に最適な種類を選ぶ必要があります。

●食品包装フィルムの主な種類
主に使われる食品包装フィルムの種類をご紹介します。

・ONy(二軸延伸ナイロン)
汎用的に使われるナイロン製のポリ袋によく使われます。耐衝撃性や耐熱性、耐寒性、強度に優れています。また真空や液体の食品包装に使われていることが多くあります。

・OPP(二軸延伸ポリプロピレン)
野菜や果物などの簡易包装によく使われます。耐熱性、防湿性、強度に優れ、透明度が高いのが特徴です。

・CPP(無延伸ポリプロピレン)
OPPやPETなどのフィルムと貼り合わせたラミネート袋で、麺やパン袋などによく使われています。防湿性や耐熱性、耐摩耗性などに優れています。

・KOP(ポリ塩化ビニリデンコートOPP)
OPPの片面または両面にポリ塩化ビニリデン(PVDC)をコーティングしたものです。他フィルムとの組み合わせによって脱酸素剤封入包装や防湿包装などに利用されています。

・LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン)
ONyなどの他フィルムと貼り合わせてラミネートフィルムによく使われています。高い強度を持ち、熱でフィルム・シートの樹脂層を融着できる性質であるヒートシール性や耐衝撃性に優れています。

・PET(二軸延伸ポリエステル)
LLDPEやCPPと共に貼り合わせたラミネートフィルムはよく食品包装で使われます。また他フィルムとの組み合わせによって漬物や佃煮類、タレ小袋などの包装に使用されています。破袋のリスクが少ないことから液体包装に適しています。

・AL(アルミ箔)
アルミホイルの素材で知られるアルミ箔で、遮光性や保香性、耐熱性に優れており、バリア性の高い材質です。レトルト袋、プラスチックフィルムにアルミを吹きつけてアルミ蒸着フィルムとして利用します。
LDPEやPET、CPPなど他のフィルムと貼り合わせたラミネート袋に多く使われています。

・EVA(エチレン―酢酸ビニル共重合体)
OPPやKOPとの貼り合わせたラミネート構成により、一般乾燥食品の包装がよく行われます。また低温下でも強度が落ちない特性などから、食品包装フィルムのヒートシール層や、ガスバリア性の高い素材との組み合わせにより、ハムやソーセージの包装フィルムの中間層やシール層に使われています。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

食品包装フィルムの最新トレンド

近年、注目されている食品包装フィルムの最新トレンドとして、2つのトピックスをご紹介します。

●電子レンジで加熱できるレンジアップフィルム
完全密封のままで加熱調理できる、電子レンジ加熱調理用パウチであるレンジアップフィルムが近年、よく使われるようになりました。

密封包装で衛生的であり、自動通蒸機能を有することから、蒸気を安全に排出するのが特徴です。

袋を開けずにそのまま電子レンジに掛けるだけで、安全に通蒸します。蒸気口が蒸気圧をコントロールすることで、蒸らし効果が得られ、調理時間も短縮できます。

漏れ出しにくいパウチ構造も大きな特徴です。レンジ加熱時も蒸気口をパウチ上面に設置。 液面より上にて漏れにくいのが特徴です。レンジ取り出し時は誤って蒸気口を下向きしても、 蒸気口から漏れにくくなっています。

●水性フレキソ印刷
水性フレキソ印刷とは、従来からよく食品包装にも使われる凹版の油性グラビア印刷と比べインキの使用量が少なく、揮発性有機化合物 (VOC)の排出が少ないという特徴があります。残留溶剤の問題もなく、安心安全かつ環境や人に優しい印刷を実現します。

日本の印刷業界の中では、シェア5%と主流ではないものの、 欧米諸国では積極的に採用されています。ヨーロッパのフレキソ市場は毎年 4〜8%前後の成長を続けており、将来的に水性インキが主流となると予測しています。

省エネルギーでCO2排出量が少ない環境に配慮できる印刷方式でもあります。

環境配慮が求められる企業経営において有用であることから、今後はさらに注目を集めることでしょう。

食品包装フィルムを工夫して成功した事例

食品包装フィルムを工夫して成功した事例を3つご紹介します。

●食品包装フィルム変更による賞味期限の延長
常温流通のいちごのドライフルーツ商品の包装の見直しを行った事例です。内容物に合ったフィルムの選定と品質保持剤を使用することで賞味期限の延長を実現しました。

現行品はOPP50を利用していたところ、バリアOP20・CPP30に変更し、脱酸素剤を使用しました。

●食品包装フィルムの見直しによりコストダウン
キノコ水煮の商品の包装の見直しを行った事例です。スペックを細分化して適切なフィルムを選定したことでコストダウンを実現しました。

現行品は、PET12・NY15・耐熱LL60の構成であったところ、殺菌温度や重量などから複数スペックについて検討しました。

PBT15・耐熱LL60(レトルト殺菌 軽量)
PBT15・LLDPE60(ボイル殺菌 軽量)
PBT25・耐熱LL60 (レトルト殺菌 重量)
PBT25・LLDPE60(ボイル殺菌 重量)

●食品包装資材の質量を削減しSDGs貢献
スイーツのタルト商品の包装リニューアルに際して、透明フィルムにバリア性の高い素材を採用した事例です。賞味期限の延長と質量削減を実現し、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みに貢献しました。

具体的には、フィルム変更により、1~2週間程度賞味期限を伸長できたことが挙げられます。さらに従来は、販売可能日数を超過した商品を破棄していたところ、賞味期限伸長によって廃棄が少なくなり、食品ロス削減につながりました。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

食品包装フィルムの種類や最新トレンド、事例をご紹介しました。今回の内容をヒントに、ぜひ最適なものを選定ください。

丸信様では、パッケージ制作サービスをご提供しております。

食品パッケージ制作に課題を抱えている方はぜひご検討ください。

健康食品やサプリメントのパッケージ、環境配慮のパッケージなど幅広く実績がございます。業界に精通した営業とディレクターによるヒアリングと企画力で、最新技術を駆使しながら貴社に合った素敵なパッケージをご提案します。




関連記事

売れている味噌のパッケージはここが違う!数多くの商品の中で手に取ってもらえるポイントとは ?

味噌をOEMで開発するときに手に取ってもらえるパッケージ制作のポイントや、味噌のパッケージ制作会社を利用するのが適しているケースについてもご紹介します。

ふりかけはパッケージが重要!理由から抑えるべきポイントを解説

今回は、売れているふりかけの特徴から、ふりかけ商品はパッケージが重要な理由、パッケージ制作のポイントまでご紹介します。ぜひ優れたふりかけ開発の一助にされてください。

売れるパンをOEMで作るポイントとは?工程ごとに解説!

これからパンをOEMで開発・製造するという方は、どうすれば売れるパンを作ることができるのか、悩んでいるところもあるのではないでしょうか。

無菌充填包装とは?メリットや事例までご紹介

今回は、無菌充填包装の概要からメリット、事例までご紹介します。

売れる飴・キャンディをOEMで作るポイントを解説!

近年の飴やキャンディ市場の状況からOEMで作るときの成功ポイント、OEMメーカーの比較ポイントをご紹介します。

売れる紅茶をOEMで作るポイントは?トレンドや売れている商品から探る

売れる紅茶をOEMで作るポイントを事例を通してご紹介します。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス