HOME > コラム > チョコのOEM開発でバレンタイン商戦を勝ち抜く!気を付けたいポイント

関連のコラム

飲料OEMでオリジナル飲料を開発するときの7つのポイント

飲料のOEM製造を行う際に役立つ、7つのポイントをご紹介します。…

お店の味をEC販売!レトルト食品を小ロットで開発製造するには?

コロナ禍においてお店の味を再現するレトルト食品を開発し、小ロットで製造…

レトルトカレーをOEMで開発製造するには?レトルトカレーブームで販路拡大へ

レトルトカレー開発とOEM製造のポイントをご紹介します。…

フリーズドライ食品のOEMを開発するときに気を付けたい7つの点

フリーズドライ食品の開発を行うときに気を付けたいポイントをご紹介します…

チョコのOEM開発でバレンタイン商戦を勝ち抜く!気を付けたいポイント

チョコレートのOEM開発でバレンタイン商戦を勝ち抜く際に気を付けたいポ…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

チョコのOEM開発でバレンタイン商戦を勝ち抜く!気を付けたいポイント

その他

Date: 2021.08.03

次回のバレンタインデーを目標に、チョコレート商品の製造を考える際には、ぜひ現在のバレンタインのトレンドの傾向を押さえておきたいものです。
そこで今回は、チョコレートのOEM開発でバレンタイン商戦を勝ち抜く際に気を付けたいポイントをご紹介します。

近年のバレンタインチョコのトレンド

バレンタイン商戦に勝ち抜くためには、まずは現状と競合の動向を知る必要があります。そこで、まずは近年のバレンタインチョコのトレンドを確認しておきましょう。

●「Bean to Bar(ビーントゥバー)」
近年、話題の「Bean to Bar」は、バレンタインチョコレートでもトレンドになっています。カカオ豆(Bean)からチョコレートバー(Bar)になるまでを、一貫して製造することをいいます。見栄えだけでなく、チョコレートそのものやカカオの産地や風味にこだわる流れは今後も続くでしょう。

●「SNS映え」
もらった物や買った物などを、InstagramをはじめとしたSNSに投稿してシェアし合うトレンドを受け、バレンタインチョコレートもSNS映えするパッケージや仕掛けに凝るものが増えています。

●友人・家族に贈る「友チョコ」「サンクスチョコ」
異性だけでなく、友人や家族にも感謝の気持ちを込めでチョコを送る流れがあります。女性向けのチョコや子どもや家族みんなで楽しめるチョコも増えています。

●自分用の「ご褒美チョコ」
自分用に買って楽しむ流れもあるため、一人で食べられる量や女性が喜ぶもの、ご褒美的なものもトレンドです。

●お取り寄せ
コロナ禍によりショッピングのオンライン化が進みましたが、バレンタインチョコレートについても同様に、従来よりもさらにネット通販による購入が増えると考えられます。

バレンタイン商戦に勝ち抜くための贈答用チョコ作りのポイント

上記のようなトレンドを踏まえ、バレンタイン商戦に勝ち抜くことができる贈答用チョコ作りのポイントを考えてみましょう。

●こだわりのチョコ製品を開発する
産地やフレーバーなどカカオ豆からこだわって、唯一無二のチョコレートを開発・製造するというのも一つの方法です。

●「映え」パッケージ・形状にする
SNS映えするパッケージや、チョコレートの形状を追求することで、より注目を集めます。

●異性だけでなく家族や友人に贈れるカジュアルさを演出
家族や友人など、異性への贈答用だけでないラインアップを用意することで、友チョコやサンクスチョコの提案もできます。

●自分用に買う女性を想定した可愛いデザイン・味
自分へのご褒美に、女性がチョコレートを自分買いしたくなるような可愛いデザインや女性向けの味を検討し、「自分用」を喚起するのも一案です。

チョコレートOEM製造のポイント

実際にチョコレートを企画開発してチョコレートを製造するときには、OEMに委託することが多いでしょう。そこでOEM製造のポイントを挙げます。

●試作は必ず行い、味見を繰り返す
チョコレートは、こだわればこだわるだけ、味や食感などの細かいところを調整したいでしょう。試作は、それを調整するのに重要になります。試作や味見は繰り返し行って、目標のチョコレートを作っていきましょう。

●パッケージはとことんこだわる
SNS時代にはどのような場合でもパッケージは重要です。パッケージも同時に制作手配してくれるOEMもあるため、こちらもこだわって作りましょう。

●チョコ製造経験の豊富なメーカーに依頼
OEMメーカー選びの際には、チョコ製造経験の豊富なメーカーに依頼しましょう。失敗が少なく、より自社が作りたいチョコレートを実現しやすくなります。

●品質安全管理を徹底している
徹底した衛生管理は、食品のOEMにとって欠かせません。製造・品質管理の認定に準拠しているなど、具体的にどんな体制で実施しているのかをしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

次回のバレンタインデーに向けて、チョコレート開発・製造を考えている場合、ぜひこれらのことをヒントにして進め、バレンタイン商戦で良い成績を納めましょう。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

飲料OEMでオリジナル飲料を開発するときの7つのポイント

飲料のOEM製造を行う際に役立つ、7つのポイントをご紹介します。

お店の味をEC販売!レトルト食品を小ロットで開発製造するには?

コロナ禍においてお店の味を再現するレトルト食品を開発し、小ロットで製造する際のポイントをご紹介します。

レトルトカレーをOEMで開発製造するには?レトルトカレーブームで販路拡大へ

レトルトカレー開発とOEM製造のポイントをご紹介します。

フリーズドライ食品のOEMを開発するときに気を付けたい7つの点

フリーズドライ食品の開発を行うときに気を付けたいポイントをご紹介します。

食品製造会社に依頼する際の流れとは

依頼の流れの中でも、特に重要となる打ち合わせの際に伝えたいことや、優良なOEMの食品製造会社の選定ポイントをご紹介します。

ご当地のフルーツワインを作るには? OEMを検討する際に気を付けたいポイント

ご当地のフルーツワインを作るポイントや知っておきたいこと、そしてOEMを検討する際に気を付けたいポイントをご紹介します。