HOME > コラム > ブーム再来・プリンのOEM開発を検討するポイントとは?

関連のコラム

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採…

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します…

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介しま…

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

ブーム再来・プリンのOEM開発を検討するポイントとは?

菓子

Date: 2022.02.01

食品OEMまるごとおまかせサービス

プリンのOEM開発を検討している場合には、ぜひ最近のプリンブームの傾向や、プリン製造のポイント、そしてプリン製造のOEMメーカーの選定ポイントを知っておきたいものです。今回は、それらのプリンのOEM製造に役立つ情報をお届けします。

>プリン商品からOEMメーカーを探す

「かため」プリンのブームが再来

最近、昭和のレトロ感あふれる「かため」のプリンブームが再来しているといわれます。

かつて、昭和時代には喫茶店などでみられたプリンは少し「かため」でしっかりとしたイメージが印象的でした。しかし、時代を追うにつれて、口どけのよい、「とろとろ」や「なめらか」といった印象の強い「やわらかめ」のプリンのブームに置き換わり、「プリンといえばとろとろだよね」といった消費者の思いが定着していました。

しかし、最近、あの昭和の懐かしい「かため」プリンが改めて脚光を浴びており、注目を集めています。

一方で、とろとろ系のプリンも決して廃れていません。コンビニエンスストアなどでは生クリーム食感のとろけるプリン製品も開発販売されており、時代のトレンドとしてまだまだとろとろ系は消費者の心をつかむようです。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

プリン製造のポイント

プリン開発・製造を考える際、上記のプリンのトレンドと共に、ぜひ次のポイントを押さえておきましょう。

●商品と売り場イメージをしっかり決めておく
プリン商品を開発する際、どこで販売するのか、どの製品と一緒に並べられるのか、また、売り場はどのような展開がされるのかを明確にイメージしておく必要があります。そうすることで、自社が作りたいモノや成すべきことがはっきりしてきます。

●素材・固め方・容器形態を検討する
プリンは食感や香りなどが重要です。素材や固め方などをよく検討しましょう。
プリンの主な材料は卵、牛乳、砂糖。ここにバニラビーンズやフルーツ、チョコレートなどが加わります。また、プリンはカラメルも重要ですので、苦味に程度や食感も検討したいところです。
中身に応じて、容器も変わってきます。一般的にはプラスチックの容器ですが、カラメルソースを別添する場合は、カラメルソースの充填袋の検討も必要になります。作りたいプリンに応じて容器を検討しましょう。

●常温・冷蔵・冷凍の温度帯
冷蔵商品なのか、お土産用の常温商品なのかなど、温度帯によっても変わります。最近ではECが浸透しているため、お取り寄せ用の冷凍プリンもニーズがあるでしょう。

●販売数量
どのくらいの数量を販売したいのかをあらかじめ決めておくことで、予算のかけ方も変わってきます。

プリンのOEM検討のポイント

プリンの開発・製造を行う際に、製造についてはOEMメーカーに委託するという方法もあります。その場合、プリンのOEM製造を請け負っているメーカーを選定する必要があります。では、どんなポイントで選定すべきでしょうか。そのポイントをご紹介します。

●希望の素材・固め方・容器形態に対応可能か
プリン商品の素材や固め方、容器形態など、あらかじめ希望のものを明確にし、それらが対応可能なOEMメーカーを探すのが近道です。もしむずかしい条件がある場合、他メーカーを探すか、もしくは計画を一部変更するといったことも考えられます。

●小ロット対応が可能か
販売数量によっては、小ロットからの生産を希望することもあるでしょう。その場合、小ロットからの製造が可能か確認しておく必要があります。あまりに少数だと受けてもらえないこともありますし、製造の単価が上昇してしまうこともあります。小ロット対応を謳っているメーカーがいいでしょう。

●プリン製造の実績があり、コンサルティングも可能か
もしプリンの開発から初めての場合、熟練の製造業者にアドバイスをもらいたいこともあるでしょう。その場合は、プリン製造の実績が豊富で、開発に関するコンサルティングのようなことを行ってくれるメーカーをおすすめします。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

プリン開発・製造の際には、プリンブームに合わせた商品開発が欠かせません。また、素材や固め方、容器形態などもよく考えて、自社が求める商品開発を行いましょう。
その際には、ぜひ今回ご紹介したポイントを踏まえてOEMメーカーを選定するのをおすすめします。




お客様の思いをカタチにする
パッケージメーカー

丸信は包装資材事業を柱に、お客様の課題解決につながるさまざまなサービスやソリューションをワンストップでお応えする、トータルパッケージカンパニーです。
OEM製造が決まったら、気になることは売り場での訴求方法です。丸信ではOEMマッチングのご支援だけでなく、パッケージ製造企業として、お客様の製品をより魅力的に見せるパッケージをご提案いたします。

コーポレートサイト

丸信のパッケージ製作サービス

オーダーメイド専門店紙箱化粧箱.net

「化粧箱を作りたい」
「こんな紙箱を探している」
ご要望をカタチにいたします!

オリジナルのラベル・シール作成ならラベル印刷シール印刷.com

「袋に貼るシールを作りたい。」
商品にぴったりの、
オリジナルラベルをご提案!

関連記事

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採用した食品の例、これからOEMで商品を開発する際に知っておきたいサステナブルパッケージを取り入れるポイントをご紹介します。

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します。

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介します。

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼き作りのためのOEMを選ぶポイントをお届けします。ぜひヒントにお役立てください。

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパッケージ作りのポイントをご紹介します。

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッケージ制作時の注意点をご紹介します。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス