HOME > コラム > OEMと製造委託の違いとは?徹底解説!

関連のコラム

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介しま…

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、そ…

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイ…

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや…

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラー…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

OEMと製造委託の違いとは?徹底解説!

その他

Date: 2022.03.01

これから食品製造をOEMに委託する予定であるものの、OEMの利用が初めてで予備知識が欲しいということもあるのではないでしょうか。OEMの意味や、製造委託との違いを知りたいという方もいるでしょう。
そこで今回は、OEMと製造委託の違いについてわかりやすく解説します。

OEMとは?

OEMとは、他社に自社製品の製造を委託することです。

OEMは「Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)」の頭文字を取った言葉であり、日本語に訳すと「他社ブランドの製品を製造すること」もしくは「他社ブランドの製品を製造する事業者」ということになります。

つまり、製造業ではありますが、製造するのは自社ブランドの製品ではなく、他社ブランドの製品という点がOEMの特徴です。委託するメーカー側は、自社製品の開発に当たり、生産工程を丸ごとOEMに委託します。メーカーは企画・開発、場合によってはレシピ開発を担い、その後、実製造はOEMに任せます。

OEMと製造委託との違い

OEMに関連して、「製造委託」という言葉もよく聞きますが、これはOEMとどのように異なるのでしょうか。

製造委託とは、「委託者が受託者に対し、委託者の自社製品の製造・供給を委託すること」を指します。

つまりOEMは、製造委託の一種です。製造委託という大きなくくりの中の一つに、OEMがあるということです。

製造委託には、OEMのほか、ODMという「Original Design Manufacturing」を略したものがあります。ODMについては、次の項目でご説明します。

ODM・外注との違い

OEMは、ODMや外注とは異なります。混同しやすいため、ここではODMや外注との違いを明確にしておきましょう。

●ODMとの違い
ODMとは、OEMと同じように製造委託の一種ですが、製造を委託した製品の「製造」だけでなく、「企画・設計」からすべて委託することを指します。一方、OEMは、「製造」のみを委託するため、「企画・設計」は委託側である自社が行います。そのため、OEMは、主導権は自社にあり、製造だけを他社に行ってもらうというスタイルになります。
それに対し、ODMは、企画からまるごと他社に委託するため、製品開発・製造を任せるということになり、ある意味、受託側の他社に主導権があります。

●外注との違い
外注とは、メーカーが自社製品を製造する際に、自社の生産ラインの一部を、他社へ委託することを指します。
OEMとの違いは、外注が製造工程の「一部」を委託するのに対し、OEMは製造工程の「全部」を委託するという点です。そのため、OEMと外注とは、基本的に委託側に製造ラインがあるかないかという点も大きな違いといえます。
外注は、「自社で製造ラインは持っているものの、一部だけ技術不足やコスト増しの対策を図りたい」といった場合にメリットがあります。

・アウトソーシングと外注との違い
補足として、外注とアウトソーシングの違いについても確認しておきましょう。
アウトソーシングは、外注と同じものだと思われがちですが、少し異なります。アウトソーシングは、外部のリソースを有効活用することを意味しており、より高い成果を生み出すことを目的としています。一方、外注は、ただ製造ラインの一部を補完する意味合いとなるため、成果物だけが求められます。アウトソーシングも同様に成果物はしっかりと得る必要がありますが、それ以上に、外部の優れたリソースを利用することで、より品質やレベルの高い製品を作り出すという経営視点を踏まえた意図のある手法でもあります。

まとめ

OEMと製造委託、そしてODMや外注との違いについて解説してきました。どれも似ている手法ではありますが、企画・設計、製造、製造工程など、委託したい範囲に応じて最適な方法を選ぶことがポイントになります。また、コストも変わってきますので、コスト面も含めた検討を行いましょう。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介します。

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、それぞれの違いや特性をよく理解しておくとスムーズです。また、開発・製造に必要な知識や注意点、OEMメーカーを選ぶポイントもぜひ押さえておきましょう。

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイントを押さえて実施しましょう。

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや成功ポイントをご紹介します。

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラーメン製品の開発の際に考えておきたいことがあります。競合他社の製品に勝ち抜くための工夫やポイント、OEMメーカーの選定ポイントをご紹介します。

ふりかけのOEM開発をするときに検討するポイント徹底解説

ふりかけの新規開発を考えているという場合、トレンドを押さえて実施したいものです。また、OEMに委託して製造販売する場合に検討したいポイントやOEM選定基準も合わせて知って起きたいものです。今回は、それらの役立つ情報をご紹介します。