HOME > コラム > ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

関連のコラム

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介しま…

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、そ…

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイ…

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや…

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラー…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

ラーメンのOEMを検討する際に考えたい6つのポイント

麺類

Date: 2022.04.01

ラーメンの開発・製造を行う際、OEMを検討しているという方は、ぜひラーメン製品の開発の際に考えておきたいことがあります。競合他社の製品に勝ち抜くための工夫やポイント、OEMメーカーの選定ポイントをご紹介します。

ラーメン製品は群雄割拠!勝ち抜くには?

近年、ラーメン製品は非常に数も種類も増えており、競合製品も多いことから、開発・製造する際には、勝ち抜くための工夫が必要になります。

ラーメン市販製品は、インスタント袋麺・カップ麺・生ラーメン・土産用箱ラーメンなどの多様な種類に分かれ、それぞれ特徴や利用層が異なってきます。まずはどの種類を開発製造するのかをよく検討して決めることが重要です。

また、ラーメン製品を開発する際に欠かせないのが、トレンドのリサーチです。どの種類や味、量が好まれているのか近年のニーズをリサーチすることが重要です。

例えば、激辛やしびれ系、台湾ラーメン、ラー油そばなど、近年のインスタント麺は、これらのトレンドがありました。

そしてターゲットに合わせて商品コンセプトを策定し、コンセプトに応じて容器やパッケージも決定することが重要です。

例えば、有名ラーメン店の厚切りチャーシューをメインにしたカップ麺であれば、チャーシューをできるだけ大胆に打ち出すために大きなどんぶり状の器にし、パッケージ写真もシズル感のあるチャーシューを大きく据えるなどが考えられます。

今の流行とニーズに合ったものを明確に企画化し、その個性を打ち出して、ありきたりなラーメン製品で終わらないようにしましょう。

ラーメンのOEMを検討する際に考えたいポイント

ラーメンの開発イメージが明確になったら、いよいよラーメンの製造を検討する段階に移ります。製造はOEMに委託するのを検討する際には、ぜひ次のポイントを押さえましょう。

●コスト最適化を考える
コンセプトが立派であっても、コストに見合わなければ効率的な生産が行えないことがあります。コストを最適化するために、麺とスープはゼロから開発せず、既存商品を使うこともよく行われています。もちろん、麺やスープからこだわりたいというケースは除きますが、その他のところに個性を打ち出したいといった場合、麺やスープは既存商品を利用することで、コスト最適化が実現します。

●パッケージも重要
一般的に、ラーメン製品は、麺、スープ、かやく・具材で作られます。それらはそれぞれ工夫がされているものですが、OEM製造の場合、それほど大きな差は出ないものです。大事なのは、パッケージをはじめとしたブランディングや雰囲気などといわれます。中身ももちろん大事ではありますが、それよりもパッケージに凝ることが勝負の分かれ目となります。パッケージをどうするかという点もOEMメーカーに伝えることで、理想の製造が実現するでしょう。

●スープに凝る場合は調味料製造を得意とするOEMを探す
もしラーメンスープに凝る場合は、調味料製造を得意とするOEMメーカーを探すほうがいいでしょう。一般的なラーメン店が、そうした調味料製造OEMメーカーに委託しているケースもあり、さまざまなラーメンスープの実績があれば、優れた提案をしてもらえる可能性があります。

ラーメンOEMメーカーの選定ポイント

続いては、ラーメン製造を委託するOEMメーカーを選定する際のポイントをご紹介します。

●小ロットから対応してくれる
ラーメン製造に限らず、小ロット製造は効率面で劣るため、OEMメーカーにとってはなかなか利益につながりにくいところがあります。そのため、高い価格になってしまうことがありますが、そうした中でも、小ロット製造を安価に引き受けてくれるOEMは良心的かつ企業努力を行っているということであるため、業者の重要な見極めポイントになります。

●コストを抑える方法をアドバイスしてくれる
先ほど、コストを最適化することをポイントとして挙げましたが、コストを抑える方法をアドバイスしてくれるOEMメーカーであればより信頼が置けます。

●開発から関わってくれる
ラーメン製造実績が豊富で、技術的にも優れているOEMメーカーの中には、開発から請け負うところもあります。ラーメン製造が初めての場合には、ぜひ開発から関わってくれるような業者を選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

ラーメンの製造をOEMで行うときのポイントや検討事項をご紹介してきました。ラーメン製品は群雄割拠で、勝ち抜くためには工夫が必要です。ぜひ優良なOEMメーカーをパートナーに迎え入れて、優れたラーメン製品を製造しましょう。

無料食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

食品開発に役立つ各種資料を無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

関連記事

今話題のRTD(レディ・トゥ・ドリンク)飲料とは?OEM開発のコツもご紹介

RTD飲料の特徴や開発のコツ、OEMメーカー選びのポイントをご紹介します。

ソーセージ・ハム・ベーコンOEM開発成功のポイント

ソーセージやハム、ベーコンを開発してOEM製造したいという場合には、それぞれの違いや特性をよく理解しておくとスムーズです。また、開発・製造に必要な知識や注意点、OEMメーカーを選ぶポイントもぜひ押さえておきましょう。

冷凍デザートのOEM開発・3つのポイントをご紹介

冷凍デザートの開発を行い、OEMで製造する予定のある事業者は、ぜひポイントを押さえて実施しましょう。

PB(プライベートブランド)商品とは?メリットをご紹介

今回は、PB商品とは何か、という意味合いやPB商品を開発するメリットや成功ポイントをご紹介します。

ふりかけのOEM開発をするときに検討するポイント徹底解説

ふりかけの新規開発を考えているという場合、トレンドを押さえて実施したいものです。また、OEMに委託して製造販売する場合に検討したいポイントやOEM選定基準も合わせて知って起きたいものです。今回は、それらの役立つ情報をご紹介します。

新規でOEM・委託製造契約を結ぶ際の注意点を解説

OEMには多様なメリットがある一方で、注意すべき事柄も多くあり、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。ぜひあらかじめ確認してから契約に臨むのをおすすめします。