HOME > コラム > パスタソースをOEM開発する際に知っておきたい事例とOEM選定ポイント

関連のコラム

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹…

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでし…

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増…

手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

今回は、人気の出る冷凍弁当のOEM開発のポイントをご紹介します。…

ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

今回は、ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるためのヒント…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

パスタソースをOEM開発する際に知っておきたい事例とOEM選定ポイント

調味料

Date: 2022.09.01

「お店の味を商品化したい」「地元の名産物を含む通販商品を作りたい」など、パスタソースをOEM開発したいと考えている方もいるでしょう。その際には、ぜひ知っておきたいことがあります。今回は、パスタソースの種類などの基礎知識のほか、成功事例とOEMの選定ポイントをご紹介します。

パスタソースの種類

パスタソースのOEM開発を考える場合に、まずは多様な種類があることを押さえておきましょう。

●一般的なパスタソースの種類
一般的には、オイルソース、トマトソース、クリームソース、ミートソース、バジルソース、和風ソース、その他ナポリタンやイカスミ、ボンゴレなどがあります。
オイルソースには、ペペロンチーノやアンチョビソース、トマトソースには、アラビアータやアマトリチャーナ、ペスカトーレなどが代表的で、クリームソースにはカルボナーラ、明太クリーム、うにクリームなどがあります。ミートソースは、ミートソースのほか、ボロネーゼがあり、バジルソースはジェノベーゼ、和風ソースは、明太子、バター醤油、きのこなどが豊富にあります。

●常温・レトルト・冷凍などの販売形態
パスタソースは、販売形態として、瓶や袋、缶に入った常温商品や、レトルトパウチに入ったレトルト商品、袋に入った冷凍商品などがあります。

●容器による分類
パスタソースは、レトルトパウチ・瓶・缶・袋など、容器もさまざまなものがあります。

いずれもターゲットとなる消費者のライフスタイルや利用シーン、嗜好性に合わせた最適なものを選ぶことが大切です。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

パスタソースOEM開発例

パスタソースは、実際、どのような目的でどのように開発されているのでしょうか。ここではOEMを利用して開発した2つの例をご紹介します。

●地元産のトマトや唐辛子を用いてパスタソースを制作
トマトや唐辛子が特産物である地方では、土産品としてそれらを用いたパスタソースを開発しました。OEMメーカーのアイデアで、ただの加工ではなく、より地元産のトマトや唐辛子の素材の存在と味わいを引き立てるよう、野菜や果汁を配合し制作しました。

●レストランオリジナルパスタに合うパスタソースを制作
レストランが手がけるオリジナルのパスタに合うパスタソースの制作を検討していたところ、OEMメーカーに地元牛を活かしたボロネーズソースの提案を受け、制作しました。

パスタソースOEMメーカーの選定ポイント

パスタソースのOEM開発を検討する場合、ぜひ最適なOEMメーカーを選定したいものです。選定時のポイントをご紹介します。

●小ロット・低コスト
初回の製造ロット数は、在庫を抱えるリスクもあり、できるだけ少なくしたいということも多いのではないでしょうか。また、ECなどの販売の場合、もともと在庫をそれほど要しないこともあります。最近では小ロットの対応をしていることも多いため、そのようなOEMメーカーを選ぶと良いでしょう。

●作りたい商品に適した設備がある
パスタソースは、容器によって必要な充填機械や加工機械が変わってきます。レトルト商品の場合、レトルト殺菌できる高温高圧加熱処理装置など、適した設備を持つOEMメーカーを選ぶ必要があります。

●テスト販売や企画の相談に乗ってくれる
「まずテスト販売から始めたい」「時流にのったパスタソースを開発したい」など、自社が抱える悩みや不安を相談できるような伴走型のOEMメーカーは、開発を有意義にしてくれるでしょう。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

パスタソースのOEM開発を検討する際のヒントとなることをご紹介しました。ほんの一部ではありますが、需要を押さえた商品づくりには欠かせない視点といえます。
優れたOEMメーカーを選定し、パスタソース作りを成功させましょう。

関連記事

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでしょう。その比較検討するときには、大事なポイントがあります。それを押さえることで、OEM製造が成功に近付くでしょう。

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増えています。美味しさや種類数も向上している中、いかに優れた離乳食・ベビーフードを開発するかが求められています。

手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

今回は、人気の出る冷凍弁当のOEM開発のポイントをご紹介します。

ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

今回は、ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるためのヒントをご紹介します。

内側から健康に!酵素ドリンクOEM検討3つのポイント

今回は酵素ドリンクを開発し、OEMに依頼するときのポイントをご紹介します。