HOME > コラム > ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

関連のコラム

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹…

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでし…

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増…

手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

今回は、人気の出る冷凍弁当のOEM開発のポイントをご紹介します。…

ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

今回は、ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるためのヒント…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

飲料

Date: 2022.09.01

近年、拡大を続けるドリップコーヒー市場。巣ごもり需要で増えた「家飲みコーヒー」の潮流もあり、市販品も広く販売されています。ドリップコーヒーバッグを新規開発・製造する際には、良質のドリップコーヒーバッグを検討し、優れたOEMへの理解を考えたいものです。そこで今回は、ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるためのヒントをご紹介します。

ドリップコーヒーバッグの需要とトレンド

ドリップコーヒーとは、「落ちる」「滴る」という意味のドリップ(drip)から、コーヒー粉にお湯を注いで抽出して淹れるコーヒーを指します。

ドリップコーヒーを淹れるには、ドリッパー、サーバー、ペーパーフィルター、ドリップポットなどの道具が必要であり、自宅ではなかなかむずかしい上に手間がかかります。
そうした需要を踏まえ、市場には従来からドリップコーヒーバッグという手軽に家庭でも淹れられる商品が存在します。

近年、ドリップコーヒーバッグは、市場は拡大を続けているといわれます。コロナ禍の巣ごもり需要によって「家飲みコーヒー」が定着し、より手軽な方法でドリップコーヒーを楽しみたい人々に選択されています。

従来は、インスタントコーヒーと比べてより本格的なコーヒーを楽しめることから、ギフトやノベルティによく利用されていました。しかし最近では家庭用に開発された商品も少なくありません。

市販の商品も大手焙煎業者が手がけるものが多く、まるでお店で本格ドリップコーヒーを飲んでいるかのような体験を提供するのがトレンドになっています。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

良質のドリップコーヒーバッグとは?

ドリップコーヒーバッグのトレンドをさらに掘り下げていきましょう。現代のコーヒーファンが買いたくなるような良質のドリップコーヒーバッグ製品とはどのようなものでしょうか。例えば、次のようなものが考えられます。

●スペシャルティコーヒー豆を使用
大量消費時代の格安コーヒーと相対する、品質を重視したスペシャリティコーヒーは、近年のトレンドの一つです。高品質で生産者・農園を守る適正に栽培されるコーヒー豆によるドリップコーヒーバッグは、風味や品質が高く、飲む際に特別感や優雅さをもたらしてくれます。

●フェアトレードなどSDGsに配慮したコーヒー豆
近年、SDGs(持続可能な開発目標)の目標達成に貢献できる商品づくりが進んでいます。ただ安く仕入れてコストを抑えればいいという考え方ではなく、適正に取引されたフェアトレードのコーヒー豆を利用するなどSDGsへの貢献を考慮することも必要です。

●無農薬・無化学肥料
スペシャリティコーヒーにも通じることですが、コーヒー豆は無農薬・無化学肥料で栽培されたものにも注目が集まっています。安心して身体に良いものを取り入れたい消費者のマインドをとらえることができるでしょう。

●香り・味わいが長続き
ドリップコーヒーバッグを窒素ガス充填で個包装すると、香りや味わいが長続きします。
窒素ガス充填とは、コーヒー豆や粉を袋に入れた後、窒素ガス充填真空機にて、袋の内部を真空状態にして酸素を追い出し、窒素ガスを充填して密閉パックする方法です。劣化の原因となる酸化を防ぎ、新鮮さを保持することができます。

ドリップコーヒーバッグOEMの選定ポイント

ドリップコーヒーバッグのOEMメーカーの選定時には、次のポイントを押さえるのをおすすめします。

●自動充填かどうか
ドリップコーヒーバッグは、機械を用いてドリップバッグにコーヒー粉を詰める自動充填のほうがスピーディーに仕上がります。手詰めよりも、より多くのドリップバッグを短時間で製造することが可能です。

●コーヒー鑑定士などの専門家が在籍しているか
スペシャリティコーヒーを商品コンセプトとする場合に、コーヒー鑑定士などの専門家によるコーヒー豆選定や味わいの調整などを受けたいものです。OEMメーカーによっては専門家が在籍していることもあります。

●パッケージデザインにも知見があるか
ドリップコーヒーバッグは、商品の見た目も重要です。パッケージの形状やビジュアルデザインなどの制作に対して、知見をもたらしてくれるOEMメーカーであれば、より良い商品づくりにつながります。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

「家飲みコーヒー」の潮流がある今、ドリップコーヒーバッグを開発することは良いタイミングといえます。トレンドの一つである、高品質のドリップコーヒーバッグを目指すと同時に、優れたOEMメーカーを選ぶのをおすすめします。

関連記事

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでしょう。その比較検討するときには、大事なポイントがあります。それを押さえることで、OEM製造が成功に近付くでしょう。

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増えています。美味しさや種類数も向上している中、いかに優れた離乳食・ベビーフードを開発するかが求められています。

手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

今回は、人気の出る冷凍弁当のOEM開発のポイントをご紹介します。

パスタソースをOEM開発する際に知っておきたい事例とOEM選定ポイント

今回は、パスタソースの種類などの基礎知識のほか、成功事例とOEMの選定ポイントをご紹介します。

内側から健康に!酵素ドリンクOEM検討3つのポイント

今回は酵素ドリンクを開発し、OEMに依頼するときのポイントをご紹介します。