HOME > コラム > 手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

関連のコラム

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹…

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでし…

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増…

手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

今回は、人気の出る冷凍弁当のOEM開発のポイントをご紹介します。…

ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

今回は、ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるためのヒント…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

現在の募集企業様

手軽さが大好評!冷凍弁当をOEM開発するには?

冷凍食品

Date: 2022.09.01

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による中食需要から、現在、冷凍弁当の市場が伸びているといわれています。冷凍弁当をOEM開発することを考えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、人気の出る冷凍弁当のOEM開発のポイントをご紹介します。

需要が高まる冷凍弁当

冷凍弁当は、従来から保存食として、また手軽に食べられる日頃の弁当としての需要がありましたが、ここ数年にさらに需要が高まっています。

その背景には、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって中食需要が高まり、大手スーパーマーケット等が販売を強化したことが挙げられます。家での調理を毎日続けるのは努力を要することから、温めるだけの簡便性を求める人が増えたことで、より冷凍弁当が好評を博しています。

また、近年の健康志向ブームから、自分ではなかなか作ることのできない栄養バランスのとれた冷凍弁当の人気も高まっています。

●冷凍弁当の販売シーン
冷凍弁当と一口に言っても、さまざまなシーンで販売がされています。

例えば、大手スーパーマーケットが冷凍惣菜として販売したり、インターネット上で、メーカーが健康ニーズを満たす冷凍弁当の通信販売をしたり、ホテルやレストランなどが実店舗での人気メニューを商品化して店頭やECサイトで販売したり、地域活性化のためのご当地商品として、名産物を入れた冷凍弁当を販売したりといったシーンがあります。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

冷凍弁当開発に求められること

冷凍弁当を開発するにあたっては、先述の通り、大手スーパーマーケットなどが競合として存在します。そのため、冷凍弁当の開発に際しては、ポイントを押さえて、より注目を集めるものを制作する必要があります。ぜひ次のポイントを取り入れるのをおすすめします。

●お店の味・地域特産品を味わいたいニーズを考慮
従来は、冷凍弁当といえば簡便さがメインに評価されていましたが、それに加えて、「家の食卓でお店の味を楽しみたい」「地域の特産品をお取り寄せして味わいたい」などの需要にも応えることがおすすめです。フレンチシェフ監修やご当地名物を入れるなどの工夫が必要になるでしょう。

●健康志向のニーズも広くカバーする
先述の通り、近年は健康志向の高まりから、栄養バランスのとれた冷凍弁当が選択されるようになりました。栄養のほか、ダイエットや身体づくりに重点を置く消費者に向け、カロリーや糖質に配慮することも必要です。また、動物性食品を極力とらないヴィーガン志向のニーズに応えたり、無農薬・無添加などより身体にいいものを取り入れたいニーズに応えたりする方向性も考えられます。

冷凍弁当のOEM選びのポイント

冷凍弁当のOEMを検討する場合、OEMメーカー選びの際にもぜひ十分に吟味したいものです。そこで冷凍弁当のOEM選びの注意点をご紹介します。

●シェフや管理栄養士などが監修
自宅でお店の味を楽しむことや、健康志向のニーズを満たすために、シェフや管理栄養士などが監修するサービスを実施しているOEMメーカーを選ぶと良いでしょう。

●小ロット・低コストの対応
はじめはテスト生産のために、小ロットから始めたいニーズもあると思われます。そこで、小ロットでも低コストで製造してくれるOEMメーカーを選ぶのもポイントです。

●食品工場の安心安全な衛生管理
食品OEM全体に言えることですが、衛生管理が徹底している安心安全な工場や設備、工場作業員を有することは必須といえます。

●瞬間冷凍技術を有する
冷凍弁当は、その冷凍技術によって品質や保存期間が変わってきます。食品の特性に合わせた特殊冷凍技術を持ち、瞬間冷凍などを実施しているOEMメーカーであれば、高品質の冷凍弁当を作ることができそうです。

 
食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

冷凍弁当は、需要が高まっている注目の食品といえます。開発を検討する場合には、需要を正しくとらえ、OEMメーカー選びのポイントを踏まえながら、効率的に行っていきましょう。

関連記事

日本酒OEMを成功させる!4つのポイントを押さえよう

今回は、日本酒OEMを検討する際に押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

OEM依頼先を比較検討する際に気を付けたいポイント

初めてOEM依頼先を検討する際には、複数メーカーを比較検討することでしょう。その比較検討するときには、大事なポイントがあります。それを押さえることで、OEM製造が成功に近付くでしょう。

離乳食・ベビーフードのOEMを検討したい3つの理由

市販の離乳食やベビーフードは今、最先端の利用しやすいものがぞくぞくと増えています。美味しさや種類数も向上している中、いかに優れた離乳食・ベビーフードを開発するかが求められています。

ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるには?

今回は、ドリップコーヒーバッグ製品のOEM開発を成功させるためのヒントをご紹介します。

パスタソースをOEM開発する際に知っておきたい事例とOEM選定ポイント

今回は、パスタソースの種類などの基礎知識のほか、成功事例とOEMの選定ポイントをご紹介します。

内側から健康に!酵素ドリンクOEM検討3つのポイント

今回は酵素ドリンクを開発し、OEMに依頼するときのポイントをご紹介します。