HOME > コラム > 代替食品とは?人気拡大の背景や商品例をご紹介

関連のコラム

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッ…

クラフトチョコレートとは?OEM製造のポイントを徹底解説

近年、よく耳にするようになったクラフトチョコレートという言葉。手作り感…

売れている味噌のパッケージはここが違う!数多くの商品の中で手に取ってもらえるポイントとは ?

味噌をOEMで開発するときに手に取ってもらえるパッケージ制作のポイント…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

代替食品とは?人気拡大の背景や商品例をご紹介

その他

Date: 2023.07.10

食品OEMまるごとおまかせサービス

近年、よく耳にするようになった「代替○○」という言葉。代替肉や代替魚、代替ミルクなどの代替食品が現在、市場を牽引しています。
これから代替食品を開発したいとお考えの方は、代替食品の概要から人気拡大の背景、商品例をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

代替食品とは?

代替食品とは、味や見た目、食感などを他の食材に似せ、別の原材料などを使って作った加工食品のことです。

例えば、肉や魚などの動物性の食品を、大豆などの植物性の材料に置き換え、味や見た目、食感などを肉や魚にできるだけ近づけるように開発したものです。

以前から知られているカニカマやマーガリンも代替食品です。カニカマはカニの身に似せたかまぼこ商品であり、マーガリンは牛乳を用いたバターの代用品として動物性・植物性の油脂を用いて作られるものです。カニやバターは高価であることが多いことから、安価な材料で、それらに似せて作ったものです。カニカマやマーガリンは安価なことが多く、価格が安定しているメリットがあります。

現在は、高価なものを安価にというニーズよりも、さまざまな理由により食品を摂取できないというニーズや、希少な食材などの食糧危機を背景としたニーズから、代替食品が作られるようになってきました。

●代替食品の主な種類
近年、注目を集めている代替食品の主な種類をご紹介します。

・代替肉
代替肉は、大豆や培養肉などの植物性食材から作られます。近年は味や見た目、食感が本物の肉に限りなく近づいてきました。大豆を原料とした大豆ミートは中心的存在です。バーガー用パテや焼肉用の肉、チキンナゲットなどさまざまな用途の商品が作られています。

・代替魚
魚に食感や味などを似せた、大豆や野菜などの植物性食材を用いて作られます。ツナ缶やマグロ、ウナギ、イクラなどの代替魚があります。

・代替卵
代替卵は、主に大豆を原料として作られた卵で、卵アレルギーがある人や乳製品を摂取しない人でも食べられるのが特徴です。最近は卵供給不足から、代替卵の期待が急激に高まっています。

・代替ミルクやチーズなどの乳製品
アーモンドミルクやライスミルク、オーツミルクなどの植物性飲料は、代替ミルクとして取り扱われています。またチーズを模した加工食品も生まれています。牛乳アレルギーの人や乳製品を摂取しない人に注目されています。

・小麦の代替食品
小麦や小麦製品は、小麦アレルギーやセリアック病、グルテン過敏症などに悩む人が世界的に増えており、代替食品が注目されています。主に米粉や大豆粉が利用されています。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

代替食品の人気拡大の背景

代替食品が近年、人気を拡大させている背景をご紹介します。

●世界的に完全菜食主義者(ビーガン)が増えている
菜食主義者(ベジタリアン)は昔から知られていますが、近年は、完全菜食主義者(ビーガン)も増えています。ビーガンの人は肉や魚はもちろん、卵や乳製品といった動物由来の食品を一切摂取せず、野菜や穀物、豆類などの植物由来の食品のみを摂取します。代替食品は好適な食品であることから、世界的に評価されています。

●国内で大手メーカーが参入
日本でも大手食品メーカーやファストフード店が大豆を使った代替肉、ハンバーガーなどを次々と開発していることから、一般に認知され始めています。
例えばあるハンバーガーのファストフード店は大豆由来の植物性たんぱく質を主原料にしたパティを使ったハンバーガーを販売しています。
 
●環境問題への関心の高まり
環境面の関心の高まりも背景にあります。例えば代替肉については、温室効果ガスや森林伐採面積、水使用量の削減が期待できると論じる人がいます。持続可能な肉の供給を考えたときに、代替肉に期待が込められています。

代替食品の商品例3選

代替食品の商品例を3つご紹介します。

1.日本人好みの代替肉
ある日本のフードテックベンチャーは、代替肉の開発・販売を行う中で、焼肉用のカルビ・ハラミ、牛丼、メンチカツといった日本ならではの代替肉を得意とします。
いずれも、大豆やえんどう豆といった植物性タンパクを原料とし、肉のような味・食感を再現しています。日本人にとって食欲をそそる代替肉商品は、国内で代替肉の需要が高まるきっかけとなっています。

2.スクランブルエッグのような代替卵
ある大手食品メーカーは、豆乳加工品をベースとし、大部分を植物由来の原材料で作ったスクランブルエッグ風の代替卵を開発しました。

まるで有名レストランのシェフが手作りしたような半熟感のある食感と見た目、さらに卵に似た鮮やかな色調を再現しています。

使用例として、朝食のおかずのほか、サラダやサンドイッチ、ハンバーガーなど、本物のスクランブルエッグと遜色劣らない見た目と食感を楽しめます。

3.餅米の米粉を用いた代替チーズ
ある米卸売業の企業は、餅米の米粉を使ったチーズを開発しました。乳製品は一切使用していません。餅の特徴を利用し、チーズのように伸び縮みするように開発。さらに酒粕を使い、チーズと似た発酵の風味を出しました。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

まとめ

代替食品は、今後も注目が高まっていくと思われます。これからOEM開発で新たに市場に参入することをお考えの場合には、ぜひ優れたOEMメーカーを見つけてください。




関連記事

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼き作りのためのOEMを選ぶポイントをお届けします。ぜひヒントにお役立てください。

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパッケージ作りのポイントをご紹介します。

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッケージ制作時の注意点をご紹介します。

クラフトチョコレートとは?OEM製造のポイントを徹底解説

近年、よく耳にするようになったクラフトチョコレートという言葉。手作り感のあるチョコレートとして愛されています。OEM開発製造をお考えの方もいるのではないでしょうか。どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。今回は、そのポイントとともに、クラフトチョコレートのOEM製造メーカー選びの要点をご紹介します。

売れている味噌のパッケージはここが違う!数多くの商品の中で手に取ってもらえるポイントとは ?

味噌をOEMで開発するときに手に取ってもらえるパッケージ制作のポイントや、味噌のパッケージ制作会社を利用するのが適しているケースについてもご紹介します。

ふりかけはパッケージが重要!理由から抑えるべきポイントを解説

今回は、売れているふりかけの特徴から、ふりかけ商品はパッケージが重要な理由、パッケージ制作のポイントまでご紹介します。ぜひ優れたふりかけ開発の一助にされてください。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス