HOME > コラム > 売れる洋菓子をOEMで作るポイントは?

関連のコラム

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採…

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します…

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介しま…

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

売れる洋菓子をOEMで作るポイントは?

菓子洋菓子

Date: 2023.10.16

食品OEMまるごとおまかせサービス

洋菓子をOEMで開発して販売したいと考える方は、洋菓子の市場トレンドとその動向が気になるのではないでしょうか。またその市場に投入する際には、どのような洋菓子が売れるのか、試行錯誤していることと思われます。
今回は、売れる洋菓子をOEMで作るポイントやOEM製造の流れをご紹介します。

洋菓子の市場トレンドと動向

近年、洋菓子の市場トレンドと動向はどうなっているのでしょうか。

洋菓子の市場の動向は、全体としては拡大をしています。

拡大の背景としては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機としたオンライン販売の拡大による需要増しが目立っています。またコロナ以前から特に百貨店における洋菓子売り場の拡大なども見られました。

個人の嗜好や希望によってパーソナライズされた商品の増加、SNSなどによる口コミが拡大しやすくなったこと、グローバル化、環境に配慮した商品の増加などを背景に、洋菓子市場は注目されています。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

売れる洋菓子を作るには?

拡大を続ける洋菓子市場において、売れる洋菓子を投入したいという場合には、ぜひ次のようなポイントを押さえておきましょう。

●商品コンセプトを固める
売れる洋菓子は、商品コンセプトが明確で、わかりやすいものとなっていたり、消費者を惹きつけたりする要素があるといわれています。商品コンセプトをしっかりと固めておくことは有効と考えられます。商品の目的や販売期間や時期、販路や生産量、ターゲット、ストーリーなどを検討します。

●コンセプトに合ったパッケージにこだわる
パッケージにこだわることも重要です。洋菓子のパッケージは、その洋菓子の顔となるもので、手にとってもらえるかどうかに大きな影響を与えます。パッケージは商品コンセプトが反映されており、ひと目でどのような洋菓子なのか、誰向けの洋菓子なのかなどがわかるものが理想です。そのため、パッケージにはこだわりましょう。

●商品名を検討する
商品名は、商品コンセプトをわかりやすく伝えるために重要な要素です。考案した商品の背後にあるストーリーなどを加味して、表現できる言葉を洗い出して商品名を作りましょう。

●洋菓子そのもののクオリティを上げて差別化する
パッケージだけでなく、中身の洋菓子そのもののクオリティを上げることも重要といえます。中身で差別化することができれば、リピート購入も期待できます。

洋菓子を作るためのOEMの流れ

洋菓子をOEMメーカーに委託して製造する場合の基本的な流れをご紹介します。

●洋菓子をOEMで作る流れ

1.打ち合わせ
自社が作りたい洋菓子の企画コンセプトや内容を率直に伝える場です。その洋菓子は製造可能かを確認しましょう。現実的ではないアイデアだったとしても、代案や、より魅力的な商品づくりのアドバイスをもらえるかもしれません。

2.見積もり
製造するには、どのくらいの費用がかかるのか、見積もりを出してもらいます。まだ製造の本依頼前なので、あくまで見積もりです。

3.試作、試食
試作を作ってもらい、試食を複数人で行いましょう。理想の洋菓子ができ、納得いくまで試作を繰り返すことで、作りたい「売れる洋菓子」に近づきます。

4.本依頼
試作を試食して問題なければ、契約をして製造を依頼します。納期や製造個数などの打ち合わせを行います。

5.製造
OEMにより、工場で実際に洋菓子を製造してもらいます。

6.納品
製造物の納品を受けます。検品を行い、問題があれば再度製造してもらいます。費用については契約時に決めておきましょう。問題なければ流通させ、販売を始めます。

食品OEM検討 ポイント・コラム集

食品OEM依頼の際に確認したいコラムを
一括ダウンロードしていただけます。

ダウンロードはこちら

売れる洋菓子を作るためによりよいOEMメーカーを選定するポイント

売れる洋菓子のためのOEMメーカー選定のポイントをご紹介します。

●洋菓子製造の設備が充実しているか
洋菓子製造のためには、焼成、焙煎、充填などの設備が整っていることが必須条件です。自社がつくりたい商品を製造する設備が工場に整っているかを、よく確認しましょう。

●小ロットから生産可能か
初めての洋菓子製造の場合、テスト販売を行いたいこともあるでしょう。その際は、在庫を抱えないためにも、小ロットからの製造を受けているところを選ぶと柔軟に対応してもらえます。また小ロット生産は割高となることもありますので、価格面の確認も忘れずに行いましょう。

●衛生管理と品質管理がしっかりしている
洋菓子製造は食品製造の一種であり、特に衛生面と品質面が重要になります。安全で高い品質を維持する基準で製造しているかどうかを確認しましょう。また工場作業員の衛生チェックを徹底しているなどの衛生管理の面も、十分確認しておきましょう。安心安全の環境で製品が作られれば、安心して消費者へ販売できます。

まとめ

売れる洋菓子をOEMで製造するために必要な情報をご紹介しました。今後は、さらに洋菓子の人気が高まっていくと考えられます。ポイントを押さえ、ぜひ売れる洋菓子を製造してください。




お客様の思いをカタチにする
パッケージメーカー

丸信は包装資材事業を柱に、お客様の課題解決につながるさまざまなサービスやソリューションをワンストップでお応えする、トータルパッケージカンパニーです。
OEM製造が決まったら、気になることは売り場での訴求方法です。丸信ではOEMマッチングのご支援だけでなく、パッケージ製造企業として、お客様の製品をより魅力的に見せるパッケージをご提案いたします。

コーポレートサイト

丸信のパッケージ製作サービス

オーダーメイド専門店紙箱化粧箱.net

「化粧箱を作りたい」
「こんな紙箱を探している」
ご要望をカタチにいたします!

オリジナルのラベル・シール作成ならラベル印刷シール印刷.com

「袋に貼るシールを作りたい。」
商品にぴったりの、
オリジナルラベルをご提案!

関連記事

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採用した食品の例、これからOEMで商品を開発する際に知っておきたいサステナブルパッケージを取り入れるポイントをご紹介します。

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します。

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介します。

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼き作りのためのOEMを選ぶポイントをお届けします。ぜひヒントにお役立てください。

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパッケージ作りのポイントをご紹介します。

団子のOEM開発で注意したい5つのポイント

今回は、団子のトレンドから売れる団子のOEM開発におけるポイント、パッケージ制作時の注意点をご紹介します。

 

 

 

 

食品OEM企画トータル支援サービス