食品OEM総合サイト:HOME > 特集 > コーヒーOEM特集

つくりたいもの・サービスを探す

OEMメーカーを探す

関連のコラム

サステナブルパッケージとは?概要から具体的な取り組み方まで

環境配慮のサステナブルなパッケージの概要からサステナブルパッケージを採…

売れる缶詰はパッケージが違う!押さえたい5つのポイントとは?

売れる缶詰のパッケージとはどのようなものか、開発のヒントをご紹介します…

缶詰をOEMで作る4つのポイント

今回は、缶詰をOEMで作るポイントを缶詰の特徴と開発例と共にご紹介しま…

売れるどら焼きをOEMで作るポイントとは?

今回は、どら焼きのトレンドや売れるどら焼き開発のポイント、売れるどら焼…

レトルトカレーはパッケージが重要。理由からポイントまで解説

今回は、レトルトカレーのパッケージの重要性から事例、レトルトカレーのパ…

関連のお役立ち資料

食中毒予防マニュアル

手洗い・洗浄作業など、食中毒予防の3原則に基づいたマニュアルです。

場所から探す!食品衛生における汚れと対策集

内装、器具、部材など場所ごとの食品衛生における汚れと対策をご紹介します。

衛生商品カタログ

食品工場の衛生管理に役立つ、衛生商品をご紹介します。

食品表示に関する基礎知識

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

食品情報コラム集

食品情報に関するコラムを一括ダウンロードしていただけます。

関連のイベント

食品OEMマッチング事例 食品パッケージ制作支援サービス 食品開発展2024ブースOEM専用バビリオン出展企業様大募集!!

コーヒーOEM特集

食品開発OEM.jpは食品に関する様々な情報を発信し、食品開発をしたい企業と食品をOEM・受託製造をしている企業とをマッチングします。

コーヒーOEM特集

7件のつくりたいもの・サービスまたはメーカーが見つかりました。

 

コーヒー商品をOEMで開発製造し、販売したいときには、ぜひ差別化できる商品を開発したいものです。今回は、役立つ開発のポイントや依頼から納品までの流れ、優良なOEMメーカーの特徴をご紹介します。

コーヒー商品の市場動向

世界のコーヒー市場の規模は成長を続けており、2030年にかけてさらに伸長するといわれています。近年は嗜好品の枠を超えた健康メリットが研究で実証されるようになり、消費を後押ししています。
 
日本のコーヒーの消費量で見ると、コンビニでテイクアウトできるコーヒーの販売が拡大したこともあり、成長の一途を辿っていましたが、コロナ禍で外食のカフェや喫茶店などの飲用機会が減り、家庭用コーヒー市場が旺盛になりつつも、消費量全体としては減少が見られました。
 
人流が徐々に戻ってきたことに伴って外食でのコーヒー需要も回復してきたことから、今後はさらに拡大していく見込みがあります。
 
家庭用コーヒー市場においては、コロナ禍で活性化したこともあり、インスタントコーヒーから品質によりこだわった高級コーヒーまで、幅広い種類のコーヒーがそろっています。今後もさらにニーズにそった多種多様なコーヒー商品が注目されていくでしょう。

コーヒー商品はどう分類される? 差別化で重要なポイント

コーヒー商品の開発においては、市場における製品の差別化のために検討したいのが、種類や分類です。次のような分類を押さえておきましょう。
 
●コーヒー豆の産地・品種による分類
コーヒー豆の飲用向けの品種は、品質が高く味のバランスが良いことで最も多く流通している「アラビカ種」と苦みに特徴を持つ「カネフォラ(ロブスタ)種」、フィリピンなどの一部の地域で流通する「リベリカ種」があります。
 
産地ごとに特徴の異なるコーヒーの種類があり、アラビカコーヒーについては、カリブ諸国ジャマイカ・ブルーマウンテン地区の「ブルーマウンテン」、東アフリカタンザニアの「キリマンジャロ」、米国ハワイ州ハワイ島コナ地区の「コナ」などをはじめとして多数の種類があります。
 
●コーヒーの焙煎方法、挽き方による分類
コーヒー生豆を煎る工程である焙煎(ロースト)の度合いは8段階に分かれます。浅煎りの「ライトロースト」「シナモンロースト」、中煎りの「ミディアムロースト」「ハイロースト」、深煎りの「シティロースト」「フルシティロースト」「フレンチロースト」「イタリアンロースト」です。
 
また、挽き方による分類もでき、挽き目が細かい順に「極細挽き」「細挽き」「中細挽き」「中挽き」「粗挽き」の5つが存在します。
 
●コーヒーのいれ方による分類
コーヒーはいれる方法も複数あります。ドリッパーと紙製フィルターで濾す「ペーパードリップ」、布製フィルターで濾す「ネルドリップ」、水で抽出する「コールドブリュー(水出し)」、ガラス製の器具でいれる「サイフォン」、紅茶のようにポットを利用する「フレンチプレス」、専用マシンで圧力をかける「エスプレッソ」、粗挽きコーヒー粉を直火にかける「パーコレーター」などがあります。

コーヒーOEMご依頼~納品までの流れ

コーヒー商品の製造をOEMに依頼した場合、一般的に、次の流れで行われます。
 
●お打ち合わせ・ヒアリング
OEMメーカーと打ち合わせし、自社の希望や構想を伝えます。
 
●企画・開発
企画・開発を進めていきます。OEMメーカーの意見を取り入れながら検討するケースもあります。
 
●試作・試飲
企画内容に基づいて試作品を作って試飲し、理想の商品を追求します。
 
●パッケージ制作
生産の前にパッケージのデザインや素材を検討し、制作します。
 
【関連リンク】
>食品OEMパッケージ制作支援サービス
 
●本生産・納品
OEMメーカーが工場で生産し、納品を受けます。
 

優良なコーヒーOEMメーカーの特徴

コーヒーのOEMメーカーを選定する際には、ぜひ次のような優良なメーカーを選びましょう。
 
●小ロット生産に対応している
テストマーケティングのためにも、リスクを抑えて少数の製造から始めたいケースは多いことでしょう。小ロット生産に対応しており、なおかつ、低コストで生産を受けてくれるOEMメーカーがおすすめです。
 
●開発力がある
開発製造の際にはOEMメーカーに要望を伝え、話し合いながら商品化を進めていきます。OEMメーカーはできるだけコーヒー生産の実績が豊富で、柔軟に要望に応えられる開発力を持っているところを選ぶと良いでしょう。
 
●最適な製造設備がある
コーヒー商品は、豆、粉、ドリップバッグ、インスタント、リキッド、ベース液などさまざまなタイプがあります。それぞれに最適な製造設備を備えるOEMメーカーが理想といえるでしょう。近年は、手作業で詰めるのではなく自動充填機械が用いられることも多くあります。手作業に向いている商品、機械による効率化がポイントになる商品など、商品の特性によって選び分けるのが良いでしょう。

まとめ

現在、コーヒーは市場が拡大しており、今後もさらにコーヒー商品は注目を集めるでしょう。
 
OEM開発の際には、ぜひ今回ご紹介したポイントをヒントにされてください。
 

コーヒードリップバッグ加工をOEMで小ロットから製造委託したい!

フレッシュネス株式会社では、小ロットの受託製造から大ロットでの受託製造まで、お客様のご要望に合わせて柔軟にOEM対応させていただきます。

取り扱い会社

フレッシュネス株式会社[関東]

〒182-0016 東京都調布市佐須町1-18-11

最小ロット
500個~
最小見積金額
応相談

フレッシュネス株式会社

フレッシュネス株式会社は、『 焙煎コーヒー豆卸売販売 』『 ドリップコーヒーバッグ加工OEM 』などの事業を行っている会社です。

所在地

〒182-0016 東京都調布市佐須町1-18-11
TEL:042-446-2548 FAX:042-446-2549

最小ロット
500個~
最小見積金額
応相談

大豆コーヒー

カフェインが気になる方にも、コーヒーのおいしさを味わっていただきたい、そんな思いから「そいかふぇ」は誕生しました。

取り扱い会社

株式会社實埜邑[関東]

〒272-0816 千葉県市川市本北方3-16-1

最小ロット
応相談
最小見積金額
応相談

ベースコーヒー株式会社

コーヒーバッグをオリジナル印刷、オリジナルブレンドで制作致します。窒素ガス充填機を使用して100個からの極小ロット対応致します。

所在地

〒491ー0865 愛知県一宮市印田通4-24
TEL:0586-64-9625 FAX:0586-64-9626

最小ロット
100個
最小見積金額
100個×210円=21000円
500個×105円=52500円
1000個×85円=85000円

ご提案例:ダイエット粉末飲料 ブラックバターコーヒー

創業50年、550社以上のお客様の商品をサポートしてきた健康食品のOEM専門企業です。企画・開発から製造・販売までトータルサポートいたします。

取り扱い会社

王子食品株式会社[近畿]

〒615-0863 京都府京都市右京区西京極堤町39番地

最小ロット
60kg仕込み
最小見積金額
応相談

はかた土産の新定番!「はかたの珈琲」5P入りギフト

自家焙煎・自社内ドリップバッグコーヒーの珈琲製造メーカーです

取り扱い会社

株式会社伸正 はかた珈琲工房[九州・沖縄]

〒819-0001 福岡県福岡市西区小戸4丁目17-3

最小ロット
30箱入り/ケース
120箱(4ケース)~送料サービス
最小見積金額
応相談

株式会社伸正 はかた珈琲工房

自家焙煎、自社内製造にて珈琲豆、ドリップバッグコーヒーを販売している珈琲製造メーカーになります。

所在地

〒819-0001 福岡県福岡市西区小戸4丁目17-3
TEL:092-894-3200 FAX:092-894-3222

最小ロット
30箱入り/ケース
120箱(4ケース)~送料サービス
最小見積金額
応相談